塩分の取りすぎでむくみ!対処法と解消法とは


味噌汁や漬物が好きな人は、塩分を取りすぎてしまい、朝起きた時に顔や足にむくみが出る事があるので、関係を説明します。


また対処法と解消法を幾つか紹介するので、女性の方は必見です。


最初に塩分の取りすぎで、なぜむくみが出るのか解説して、次に対処法と解消法について説明していきたいと思います。


塩分とむくみの関係


人間の体の60%は水分で出来ていると言われており、塩分を取りすぎるとナトリウムが体内に増えて、カリウムという成分が各々の体の部位に吸収します。

しかし、カリウム不足の状態だと塩分を運べず、水分を代用しようとします。

塩分を取りすぎた状態だと血中で濃度が濃くなるため、それを防ぐために水を飲むようになり、異常に喉が渇くという症状で、人間にに訴えます。

そして、水を摂取して塩分の取りすぎを改善して、安定した状態を作ります。

状態が安定しても水分を必要以上に摂取する事で、体にむくみが出来る状態となり、体重も増加するため、女性の美容には厳しい状態となります。

また塩分の取りすぎは血圧を上げて、排出にも1~3日ほど必要です。

むくみを作りたくない方はとにかく、塩分を含む食べ物を控える事が大切で、取りすぎにならないため汁物を全て飲まない事が対処法となります。。

例えば味噌汁やラーメンなどの汁は、むくみの原因となってしまいます。

他にも日頃食べるスナック菓子や菓子パンなどは控えるべきで、むくみの対処法としてはこれが確実なので、是非とも意識して生活しましょう。

また塩分の取りすぎ以外に、水分不足もむくみの原因となるので注意しましょう。


スポンサードリンク


むくみの対処法とは


塩分を取りすぎしてまい、むくみが出来ても解消には1~3日の時間が必要となるため、対処法で一時的に治す事が大切です。

血流の流れを良くするのが、対処法となるので紹介します。

例えば顔がパンパンになってしまった時は、顔に冷やしタオルと温かいタオルを交互に乗せていく方法がむくみの対処法となります。

しかし、それが面倒な方はむくみが治るまでお風呂に入りましょう。

温かいタオルは電子レンジで500wlで温めると完成で、最初に温かいタオルを顔に乗せて、次に冷やしタオルを乗せるという順番で5秒間の間隔で繰り返します。

これを3分するとむくみの対処法として、おすすめです。

塩分の取りすぎはカリウムを摂取すれば排出する事が可能で、カリウムは美容に良いトマトジュースやバナナを摂取すると改善が早くなります。

むくみの対処法としてもカリウムは有効ですが、水分も必要となります。

塩分を取りすぎしまった時は、尿の排出によって改善する事が一番重要なので、水分をとにかく摂取して、尿を出す事を意識しましょう。

水分は塩分のようにむくみにならないので、対処法として有効です。


スポンサードリンク



むくみの解消法とは


もしむくみが出来てしまったら解消法としては、首のマッサージがおすすめで、首を左右にゆっくりと回すと血流が良くなり改善に有効です。

これは塩分を取りすぎしまった時の対処法としても使えます。

また首周りにマフラーを掛けて温めるのも有効で、これでむくみが治らない方はコーヒーを飲むと解消法となるので、1杯だけ飲むと良いでしょう。

飲み過ぎると逆に塩分の取りすぎ以外の原因となるので、避けましょう。

しかし、これらは一時期な対処法となってしまうので、カリウムを含む飲み物を摂取して、治す解消法が一番有効なので、有効な飲み物を紹介します。

むくみの解消に役立つ飲み物

トマトジュース、野菜ジュース(赤色)、バナナジュース
グレープフルーツジュース、ココア、牛乳、豆乳
昆布茶、抹茶、玉露茶、ゴーヤ茶

以上がむくみの解消法に役立つ飲み物となります。

これらの飲み物は塩分を取りすぎてしまった時に有効で、対処法としてはそこまで効果はありませんが、カリウムの排出で早めに解消する方法です。

また水を飲んでカリウム効果は発揮されるので、解消法として水を飲みましょう。

塩分の取りすぎてしまった時の対処法をする際に、塩分を含む食べ物を食べる時は、むくみの解消法として使われる飲み物を飲みましょう。

以上でむくみの対処法と解消法について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ