塩分の取りすぎで太る?運動以外の改善方法とは


塩分を取りすぎてしまうと太ると言われており、実際に高血圧の方は体重が平均より重いとされているので、塩分との関係を説明します。


また運動で効果的な方法や排出に役立つ情報をお伝えします。


最初に塩分を取りすぎてしまうとなぜ太るのか説明して、次に運動をすると排出する事が可能なのか解説していきます。


塩分の取りすぎで太る理由


実は朝食に食パンや漬物類を食べている人は、喉が渇きやすい傾向にあり、これは血中の塩分濃度が濃くなり、水で薄めようと体が反応するからです。

太る理由は喉が渇き必要以上に水分を摂取してしまうからです。

その他に塩分を取りすぎてしまうと食事でも薄めようと反応するため、消化液が多く発生して食欲が上がり、必要以上にご飯を食べて太る事となります。

また高血圧になり、基礎代謝も下がるため太りやすい体質になってしまいます。

これらの事から塩分の取りすぎは太る原因となり、また美容の大敵となるむくみの原因にもなってしまうので、女性の方は特に注意が必要です。

出来れば朝食に食パンは止めて、ご飯に切り替えると太るのを防止出来ます。

また厄介なのは塩分を取りすぎてしまった後に、体から排出するには1~3日の期間が経過して尿として出るので、その間は運動などをすると良いでしょう。

しかし、太るのを阻止するにはカリウムという成分が有効です。

塩分を取りすぎてしまった時に水を摂取してしまうのは、カリウムの量が足りていない事も関係しており、カリウムは太る事なく尿に塩分を流してくれます。

後でカリウムを含む食べ物を紹介するので、気になる方は見てください。


スポンサードリンク


運動で太る事は防げる!?


人間にはエクリン腺とアポクリン腺という汗を出す部位があり、エクリン腺の汗は運動で出す事が可能で100%中の0.05%に塩分が含まれています。

取りすぎた時は運動が有効で、エクリン腺の汗は無臭でサラサラしています。

運動で太る事を阻止しながら塩分を排出するという方法はおすすめで、サッカーやバスケなど激しく動き回る運動が良いと思います。

しかし、運動が嫌いだし太るのは嫌だという人は半身浴とサウナが良いです。

半身浴とサウナはアポクリン腺という部位から汗を出し、こちらの汗はドロドロしていて悪臭を放っており、脂肪や老廃物を流す事が出来ます。

そのため、塩分を取りすぎてしまった時にとても有効です。

半身浴を開始してから20分が経過するとアポクリン腺から汗が出ますが、その前にエクリン腺から汗が出ているので塩分排出効果は既にあります。

また半身浴やサウナには、取りすぎで出来るむくみを改善出来ます。

運動が嫌いで太るのが嫌な人は半身浴を毎日20分するのがおすすめで、取りすぎで基礎代謝が落ちていても元に戻す作用もあります。

それどころか基礎代謝を上げる事が出来るので、是非おすすめします。


スポンサードリンク



塩分の取りすぎに有効な果物


今から運動をせずに太るのを防ぎたい人に、カリウムを含む果物を紹介するので、取りすぎてしまった塩分の排出を考えている人は摂取しましょう。

カリウムを含む果物

バナナ、グレープフルーツ
メロン、みかん、いよかん、桃
はっさく、キウイフルーツ
りんご、スイカ、アボガド

以上がカリウムを含む食べ物となります。

れらの中でもバナナとアボガドはカリウム含有量がおすすめで、塩分の取りすぎで便秘で悩んでいる人はバナナを食べると解消する事が出来ます。

また運動で太るのを防ぎたいと考えている人はグレープフルーツが良いです。

グレープフルーツは脂肪を燃焼しやすく発汗しやすい状態を作るため、摂取して運動を始めるとダイエット効果で太る事を防ぐ事が出来ます。

塩分の取りすぎにも有効で、ウォーキングでも良いのでやりましょう。

これらのカリウムを含む果物を食べても、体に水分がないと塩分は排出出来ないため、運動をする際でも必ず水を常時して頻繁に飲みましょう。

出来れば1時間1回の頻度で飲むと血流に良く、高血圧を防げます。

またカリウムを壊してしまうコーヒーはなるべく控えて、寝る前に水を飲むと睡眠中の水分不足を防いで太る原因を改善するので、おすすめします。

以上で塩分の取りすぎで太る理由と運動について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ