塩分を取りすぎた時に下痢が出る?治療方法とは


サバの味噌煮や梅干などの塩分を含む食事を取る日本人は、取りすぎた時に下痢が出るケースがあるので、改善方法を紹介します。

de5e00acccfd9ba43d90c3a73454051b_s


また健康に与える影響や対処法をお伝えします。

最初になぜ塩分を取りすぎた時に下痢が出るのか説明して、次に対処方法とお腹に優しい改善方法を紹介したいと思います。


塩分の取りすぎと下痢の関係


人間は便や尿で不要な成分を排出しますが、人間の体内に必要以上に塩分が溜まってしまった場合は通常尿で排出しますが、過剰に増えると下痢で排出します。

下痢が出る前にも取りすぎてしまった時には、喉が渇くという前兆があります。

塩分を必要以上に取りすぎてしまうと、血液が濃くなりすぎてしまうため、それを薄めるために脳に命令を出して、水分を補給させ血液の濃度を正常にします。

下痢の症状は尿による排出だけでは、追いつかない時に出てきます。

また下痢がでやすい時と言うのは塩分の取りすぎた時以外に、水分を過剰に摂取した時にも出やすくなるので、飲み過ぎも良くないでしょう。

カリウムを摂取すると排出を早めで、バナナが含んでいるのでおすすめです。

塩分を取りすぎた時に本来はカリウムが余分な塩分を尿に流すのですが、不足している人や過剰摂取した場合は、足りずに水を飲んで下痢となる事があります。

また不足状態だとむくみとなり、体重が太る事が分かっております。

人間が摂取するべき1日の塩分量は6gとされており、日本人はそれ以上に取りすぎてしまっているので、ラーメンや味噌汁の残り汁は飲まない方が良いでしょう。

味噌汁は4杯で6gに達してしまうので、注意が必要です。


スポンサードリンク


下痢になった時の対処法


塩分を取りすぎてしまった時に下痢の症状が出た場合、まず水を飲む事が対処法となり、下痢で水分も同時に排出してしまうので、水分不足となります。

これを防ぐには水が有効なので、症状が出る度に水を飲みましょう。

またお茶やコーヒーは控えるべきで、これらに含まれている「カフェイン」はカリウムを破壊して、下痢の症状を悪化させるので、しばらく控えましょう。

出来れば食事も取らない方が良いので、そうしましょう。

どうしても食事を食べたい人は塩分の取りすぎにならないために、ヨーグルトやリンゴが下痢に良いので、それらを食べるようにしましょう。

しかし、夜に摂取するとかなり体に悪いので、夜8時以降は控えましょう。

塩分の取りすぎで下痢が出る時は、お酒も体に悪いので控えるようにして、ストレスも悪い影響を与えるため、人間関係は出来るだけ避けましょう。

ストレスの要因で最も大きいのが、人間関係とされているので注意しましょう。

下痢でお腹が痛くなってしまった時は、お腹を反時計回りに撫でると痛みを和らげる効果があるとされているので、痛い時にやると良いでしょう。

ちなみに下痢が治ってもしばらくは、塩分を取らない方ようにしましょう。


スポンサードリンク



塩分の取りすぎを治す方法


日本人が食べる和食は洋食と違って塩分含有量が多く、最近ではファーストフードも普及されてきて、取りすぎの状態となっております。

特に冷凍食品や菓子パン、その他にインスタント麺も関係しています。

冷凍食品は意外に栄養に優れているという事が分かっていますが、塩分が多めに添付されているので、取りすぎると下痢になるので、料理を作る事も大切です。

また食パンや菓子パンにも多く含まれているので、注意しましょう。

また塩分を取りすぎてしまった時は、バナナを食べる事がおすすめで、バナナには大量のカリウムが含まれているので、排出にとても有効です。

その他にピスタチオも有効で、こちらはオレイン酸で痩せる事が可能です。

塩分の取りすぎで下痢が出るくらいの人は、高血圧で肥満の方が多いのでピスタチオはおすすめで、オレイン酸で便秘を改善してくれます。

またコレステロールを排出するので、健康にとても良いです。

しかし、下痢が出ている時はあまり体に良くないので摂取は控えて、ピスタチオは塩分が添付されていないものを購入して食べましょう。

以上で塩分の取りすぎた時の下痢について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ