塩分取りすぎたら頭痛が出る!?治療方法とは


ラーメンや中華料理などをよく食べる人は、塩分を取りすぎてしまい頭痛の症状が現れる事があるので、ここでは詳細をお伝えします。

2e62b208a2fd07fe1259aa74e7ce92fa_s


また治療方法や避けるべき習慣を、紹介していこうと考えています。

最初になぜ塩分を取りすぎたら頭痛が出るのか説明して、次に痛みを和らげる方法と体の状態を良くする方法をお伝えします。


塩分の取りすぎと頭痛の関係


頭痛が出る時というのはもちろん、脳梗塞などの病気による症状の可能性もありますが、塩分を取りすぎてしまった時にも現れるようです。

その理由は血圧が上がる事と関係していると考えられています。

塩分を取りすぎたら血流濃度が異常に濃くなり、血管が収縮してしまうのですが、その時に血流を良くしようと体が動くため、頭痛に繋がります。

細い血管内を強引に動こうとした、血流により頭痛を伴います。

アメリカでは塩分を取りすぎなければ解消する事が可能なのか研究が行われ、最初は9gの塩分を摂取させ、次第に量を減らし最終的に3gの摂取量にしました。

1日3gの塩分摂取量にすると、頭痛を持つ人の31%が解消されたようです。

日本人は塩分を取りすぎてしまう傾向があるため、頭痛持ちの方が多く、過剰摂取した時には喉が渇き、体にむくみが出るとされています。

これは血流濃度が濃くなった状態を、水で薄めようと反応しています。

塩分を取りすぎたら必要以上に水を飲んでしまうため、体にむくみが出来て、
食欲も増進するため太りやすい傾向があるとされています。

そのため頭痛以外にも様々な症状があると分かっています。


スポンサードリンク


塩分の取りすぎを防ぐ方法


頭痛を改善したと思っている方は、塩分の取りすぎを防ぐ方法を試すと有効なので、出来る限りでやるようにしてください。

塩分の取りすぎを防ぐ方法

なるべく胡椒で味付けする
バナナを毎日食べる
ラーメンや味噌汁の残り汁を飲まない
半身浴をして汗を流す

以上が塩分を取りすぎないための秘訣となります。

頭痛が出る方はなるべく胡椒や生姜などの別の調味料を使うのがおすすめで、極力控える為に味付けを変えるようにしましょう。

またバナナはカリウムを含んでいるため、塩分排出に有効です。

頭痛の原因はストレスにもあるので、バナナが含んでいるトリプトファンで解消が可能なので、血圧を下げるにはとても良いです。

またラーメンや味噌汁はなるべく汁を残すと効果的です。

塩分を取りすぎたら半身浴を行い、汗を流す事で排出する事が出来るのですが、やり方も簡単で下半身だけを湯船に入れて20分いると良いでしょう。

温度は通常40度ぐらいで行いますが、寒い場合は少し上げましょう。

また梅干やちくわなどの練り物類は塩分の取りすぎになる事があり、その他にインスタント麺や漬物も頭痛の要因となるので、注意しましょう。

食べるにしても少量にすると体に優しいと思います。


スポンサードリンク



頭痛を治す方法


今から塩分を取りすぎて現れた頭痛を治す方法を紹介するので、もし痛みが辛いと悩んでいる場合は試してみてください。

頭痛の治療法

首をマッサージする
暗くて音がない場所で休む
冷たい物を控えて温かいものを飲む
アーモンドを食べる

以上が頭痛を治すのに有効な方法となります。

首をマッサージする方法は簡単に行う事が出来て、よく老人の方がやる左右に首をゆっくりと回す首回しが有効で、ゆっくり3回やりましょう。

これは血流を良くする作用があるため、健康に良いです。

また塩分を取りすぎて頭痛がする時は無理をせずに生活して、暗くて音がない場所では痛みが和らぐとされているのでおすすめです。

また冷たい物は血流の流れを悪くするので、控えた方が良いでしょう。

アーモンドはマグネシウムによって、緊張感のある脳の血管を解きほぐす作用があり、塩分を取りすぎて頭痛がある時に痛みを和らげます。

しかし、塩が加工されているものは避けたほうが良いでしょう。

またアーモンドはカリウムを含んでいるため、塩分排出に有効なので、高血圧を治したいという方は1日6粒ぐらい食べると良いでしょう。

以上で塩分の取りすぎと頭痛に関して終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ