塩分の取りすぎでニキビが発生!?改善方法とは


イカの塩辛や味噌汁など塩分を多く含む食べ物が好きだという方は、取りすぎるとニキビが発生する事があるので注意が必要です。


1d063d917e416053291eb778c191265c_s


ここでは原因と改善方法を紹介するので、治した方は見てください。

まずは塩分の取りすぎで、なぜニキビが発生するのか原因を説明して、次に治す
方法を紹介したいと考えています。


塩分の取りすぎとニキビの関係


高血圧となる大きな要因とされている塩分ですが、実は取りすぎるとニキビの原因になるとされており、これは塩分が体内の水分を奪うからです。

例えば漬物作る時に野菜から、水が抜けているのを見れば分かると思います。

人間の体も塩分を取りすぎてしまうと、肌の表面にある角質部分の潤いを吸い取られて、プルプルの肌からニキビへと一変してしまうのです。

また腎臓にも悪影響を及ぼし、内臓は皮膚の鏡とも言われています。

塩分を取りすぎると血液が濃くなるので、体はそれを薄めるために喉を乾かせる症状を出して、そのせいで必要以上に水を摂取する事となります。

そうなると水をろ過する腎臓の負担が大きくなり、ニキビが発生します。

また塩分を取りすぎると消化液の分泌が増えて、食べ物でも血液を薄めようとするので、食べ物の消化時にまた腎臓に負担を掛けて、ニキビの原因となります。

ちなみに塩分を取りすぎる人には、その他にも特徴があります。

それは体のむくみと爪が白くなるという特徴で、必要以上に水を摂取したことによって体がむくみになるので該当する方は気を付けてください。

該当する方は塩分の取りすぎでニキビが出ている可能性があります。


スポンサードリンク


ニキビと腎臓を良くする方法


今から紹介する方法はニキビを良くするだけでなく、疲れ切っている腎臓にも好影響のため、塩分を取りすぎた人は実践してみてください。

ニキビと腎臓を改善する方法

しばらく油物や惣菜は避ける
お酒は週2回までにする
夜食は絶対に止める
クルミを5粒食べる
水分はしっかり飲む

以上がニキビと腎臓の機能を回復させる方法となります。

油物や惣菜は塩分の取りすぎのように腎臓に大きな負担を掛けてしまうので、しばらくは鶏肉やお魚などの体に優しいたんぱく質を摂取しましょう。

またお酒の飲み過ぎもニキビの原因となるので、飲み過ぎは控えましょう。

塩分の取りすぎや油物を食べる事以上に一番やってはいけないのが夜食で、夜食は内臓に掛かる負担がとても大きいので、これだけは絶対に止めましょう。

またクルミは腎臓の機能を上げて、ニキビの解消に役立ちます。

クルミには塩分の取りすぎた時の排出に有効なカリウムを含んでおり、カリウムはむくみも解消するため、クルミはかなりお勧めできる食べ物です。

しかし、高カロリーなので、1日5粒まで食べた方が効果的です。

塩分の取りすぎでニキビが出来るのは、水が多くなったからと考えて、水を飲まないという行動をするのは誤りで、水は人間にとても大切です。

塩分を流すのも水分なので、水は小まめに飲む事にしましょう。


スポンサードリンク



カリウムでニキビを治す方法


まず塩分を取りすぎでニキビが出来る以外にストレス・偏った食生活・不規則な生活・過度な飲酒も原因なので、それらを最初に改善してください。

カリウムは塩分を尿へと運び腎臓の負担を減らすのでとても良いです。

今からカリウムを含んでいる食べ物と飲み物を紹介するので、塩分を取りすぎてしまった人は日頃の食事に取り入れましょう。

カリウムを含む食べ物と飲み物

人参、じゃがいも、ほうれん草、アボガド
豆腐、納豆、玉ねぎ、さつまいも
バナナ、グレープフルーツ、キウイ、トマト
トマトジュース、玉露茶、ココア、豆乳

以上がカリウムを含む食べ物と飲み物です。

塩分を取りすぎた時にニキビが出来た時はこれらを摂取して、枕を3日1回は洗って清潔な状態を保ち、生活習慣を治せば徐々に改善されます。

ホルモンの乱れでニキビが出来る方は、豆腐や納豆>が有効です。

人間が1日に摂取する塩分量の制限は、男性が10gで女性が8gとされているので、これらを守るためには味噌汁やラーメンの汁はなるべく残しましょう。

ちなみにラーメン1杯で6gの塩分量とされているので、本当に危険です。

またこれら以外に日常的に漬物やちくわなどを食べるのも注意して、取りすぎにならないように身近な所に置くのを止めるとニキビに良いでしょう。

以上で塩分の取りすぎとニキビについて終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ