塩分取りすぎの症状で動脈硬化!?予防方法とは


動脈硬化は昔から高血圧が原因とされていましたが、塩分を取りすぎた時の症状により、進行するケースもあるので、今回はその危険について説明します。


ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s


また予防方法や血圧を下げる方法を紹介します。

最初に塩分を取りすぎた症状で、なぜ動脈硬化が進行するのか説明して、次に高齢者や忙しい方にも出来る予防法をお伝えします。


塩分取りすぎの症状とは


日頃から漬物やお茶漬けを食べて塩分を取りすぎている人は、血中濃度が異常に濃くなるため、それを薄めるため水や食べ物で補おうと症状が出ます。

その症状とは喉の渇きと胃液の分泌による食欲の増進です。

塩分を取りすぎたら水や食べ物を必要以上摂取して、水が過度に増える事で血液量が増えて血管内で溜まりきる事となり、血流が悪くなります。

この時むくみの症状が出やすく、動脈硬化が進行している前兆ともいえます。

塩分の取りすぎで高血圧の状態が長期間続くと、血管の壁が効力を失い硬化した状態となり、血圧を調整する細動脈も硬化していしまいます。

この状態は血管内が傷付きやすいため、コレステロールの影響を受けがちです。

コレステロールの作用で血管が動脈硬化するため、塩分の取りすぎによる症状は直接的な原因ではありませんが、大きな問題とも言えるでしょう。

ちなみにむくみが出る症状は過度に水分が体内に溜まったからです。

塩分の取りすぎは動脈硬化に繋がる高血圧の原因となり、水分が体に溜まった状態のため、基礎代謝が落ちて体質も太りやすいので注意が必要です。

動脈硬化が進行すると脳梗塞や心筋梗塞になるので、予防が大切です。


スポンサードリンク


動脈硬化を予防する方法


今から塩分取りすぎによる動脈硬化の症状をを予防する方法を紹介するので、予防したい人は頑張って毎日実践しましょう。

動脈硬化の予防法

豆腐や納豆を食べる
肉はさらみや肩ロースにする
ウォーキングを20分する
オリーブオイルで料理を作る

以上が動脈硬化の症状を予防する方法となります。

豆腐の植物性油脂はコレステロールを低下させる作用があり、納豆のナットウキナーゼもコレステロールを排出して脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

しかし、塩分の取りすぎにならないように醤油のかけ過ぎは注意しましょう。

動脈硬化の症状を防ぐため納豆を食べる時は、ひきわりよりも通常の方が効果は高く、食べる20分前に冷蔵庫から出していると、脂肪燃焼効果が高いです。

また肉は脂肪分が少ないさらみや肩ロースが良いでしょう。

ウォーキングは塩分取りすぎの症状にも良く、動脈硬化を予防したい人は食後の30分後に動くと血流が改善されるのでおすすめです。

早歩きで行うと非常に効果が高いので、是非早歩きでやりましょう。

また動脈硬化の原因となるコレステロールはオリーブオイルで排出が可能で、オリーブオイルはサラダ油より体に良いので、こちらで料理を作りましょう。

しかし、高カロリーなので使い過ぎには注意しましょう。


スポンサードリンク



塩分の取りすぎを防ぐ方法


動脈硬化の症状を防ぐには塩分の取りすぎを予防する事が大切なので、今から対策方法を紹介するので、健康に関心のある方はやりましょう。

塩分摂取を防ぐ方法

ラーメンや味噌汁の汁は全て飲まない
トマトジュースを毎日飲む
食パンはご飯に変える
夜食は止める

以上が動脈硬化の症状を防ぐのに有効な方法となります。

実はラーメン1杯の塩分含有量は6gとされており、人間が1日に摂取する理想の摂取量は6gと言われているので、残り汁を全て飲むのは止めましょう。

またトマトジュースは動脈硬化と塩分取りすぎの症状を改善してくれます。

トマトジュースにはカリウムが含まれおり、カリウムは体内にある塩分を尿として流す作用があり、むくみの症状も同時に改善するのでおすすめです。

動脈硬化と高血圧を防ぐにはパンを食べるのを控えた方が良いでしょう。

パンは塩分含有量が多く取りすぎになる理由になるので、朝食はご飯に変えて、よく噛んで食べると消化に良く内臓に優しいです。

ちなみに夜食は消化の負担がとても大きいので、動脈硬化の原因となります。

塩分の取りすぎで様々な症状が出てきますが、実際にはストレス・過度な飲酒・運動不足・不規則な生活・偏った食事も原因なので注意しましょう。

以上で塩分取りすぎの症状で動脈硬化について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ