動悸で頭痛と吐き気!高血圧が原因?治療方法とは


激しく走った訳でもないのに動悸が激しく、頭痛や吐き気が酷いという方は、高血圧や生活習慣に原因があると言えるでしょう。

e5ba3b6e7ea2766a9c16f60924bb5a65_s

病気が発症している可能性もあるため、早めの対処を心掛けましょう。

最初に動悸による頭痛と吐き気の原因をお伝えして、次に高血圧や発症している病気を良くしていく方法を紹介します。

動悸や頭痛と吐き気の原因とは


バスケやサッカーで動くと心臓がバクバクしますが、安静にしている際にも動悸の症状が出る方は狭心症や高血圧が原因だと思われます。

頭痛や吐き気を伴う事から自立神経失調症の可能性もあります。

狭心症は高血圧や肥満の方がなりやすい病気で、人間の体でも心臓はとても大切な部分ですが、この心臓部分に血液が上手く流れなくなると発症します。

その原因は高血圧や脂肪で血流が詰まってしまう事とされています。

血流が詰ると栄養と酸素が行かないままの状態が続き、心臓の負担が大きくなり、動悸・頭痛・吐き気・胸の痛みなどの症状を伴う事となっていしまいます。

ちなみに安静にしている時以外に興奮時に症状が出るケースもあります。

自律神経失調症も高血圧の方がなりやすく、こちらの原因は最近よく言われる生活習慣病という習慣が原因とされています。

主にストレス・過度の飲酒・不規則な生活・暴飲暴食などが原因となります。

自律神経失調症は吐き気・頭痛・動悸以外に精神的に不安定になったり、イライラしたりうつ病のような状態になるのが特徴です。

また体のだるさが出る事もあり、耳鳴りのような幻聴の症状が出る事があります。

スポンサードリンク


高血圧と生活習慣を治す方法


自律神経失調症や高血圧の状態になる方のほとんどが、生活習慣が乱れている方が多いので、今から有効な改善方法を紹介します。

高血圧と自律神経を治す習慣

カシューナッツを食べる
ウォーキングを20分する
塩分を控える
昼夜逆転生活を止める
朝起きると日光を見る
睡眠時間を最低5時間取る

以上が高血圧と自律神経を治す方法となります。

頭痛・吐き気・動悸がある時は食欲がないと思うので、無理をしてカシューナッツを食べる必要はありませんが、カシューナッツにはマグネシウムが含まれています。

マグネシウムは血流を良くして、血管の動脈硬化を軟化してくれます。

また高血圧の原因となる塩分をカリウムで排出する作用があり有効なのですが、食べ過ぎると良くないので、片手一杯を1日の摂取量と決めましょう。

高血圧にならないために、漬物や梅干などは控えた方が良いでしょう。

また簡単な予防法としてラーメンや味噌汁の汁はなるべく飲むのを止めて、昼夜逆転生活を止めると自律神経を整えれますが、ストレスの問題もあります。

ストレスはココアやバナナを摂取すると改善に役立てます。

ココアやバナナにはリラックス作用があり、トリプトファンという幸せな気分となる成分が含まれているため、日頃から摂取しましょう。

またココアやバナナや高血圧を改善する事にも非常に良いですよ。

また人体に詳しい専門家の方がおっしゃるには、睡眠時間は最低でも5時間は必要とされており、これを守ると動悸・頭痛・吐き気を治せます。

ちなみに朝起きた時に日光を見ると自立神経が整えます。

スポンサードリンク



動悸や頭痛と吐き気の対処法


先ほど紹介した方法で動悸・頭痛・吐き気などが治らない方は、病院に急いで行く事が大切で、狭心症で突然亡くなる方もいるので注意しましょう。

また動悸や頭痛が出る方は暗くて音がない所で過ごしましょう。

音や光というのは人間を刺激する原因となり、頭痛の要因になるとされているため避けて、吐き気がある時はカフェインを控えた方が良いでしょう。

カフェインを含む飲み物は主にコーヒーやお茶となります。

これらは高血圧を治す作用があると言われていますが、吐き気の症状をさらに悪化させてしまう成分となり、腸内を荒らしてしまいます。

カフェインは自律神経を乱して動悸の症状が酷くなるので控えましょう。

また高血圧の方はお酒の飲み過ぎは避ける事を意識して生活して、動悸が現れたりすると腹式呼吸をすると良いでしょう。

腹式呼吸は難しくて面倒だと思われがちですが、実はとても簡単です。

この呼吸法は高血圧にも有効で、やり方は最初に息を7秒間吐き続けて、次に7秒間空気を吸い込み、最後に7秒間息を止めて終わりです。

以上で動悸や頭痛と吐き気について終わりたいと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ