心不全の症状で咳と痰!?治療方法とは


風邪のせいか咳と痰が何週間も続くという方は、心不全による症状かもしれないので、生活習慣が乱れている人は特に注意が必要です。

39508ef6b6689f959af56eba6e235c38_s

風邪が一週間治らず咳と痰が止まらない方は特に注意が必要です。

まずは心不全という病気と症状について説明して、次にこの病気を予防する方法を紹介するので気になる方は見てください。

心不全の症状とは


心不全とは読んで字の如く、心臓機能の低下を意味し、生活習慣病であるストレス・偏った食事・不規則な生活・過度な飲酒で心臓を弱めて発症します。

心臓の機能は人間が生きていくために必要な栄養と酸素を全身に送っています。

しかし、弱ってしまうと血流から栄養と酸素を送る事が出来ずになり、心不全が発症して以下のような症状が出ます。

心不全の症状

動悸や息切れ
呼吸困難
咳と痰
食欲減退
睡眠が取れない
物忘れが激しい
全身の疲労感
足のむくみ

以上が心不全の症状とされております。

心不全の症状で咳が出る時は、酸素と栄養が肺に溜まった時とされています。

ちなみに痰が出る理由は、肺に栄養と酸素が溜まる事で水分が集まり、ピンク色で泡色の痰が喉からでるため、心不全による症状と分かりやすいです。

仰向けに寝ると水分が肺に溜まりやすくなり、咳と痰が出やすくなるようです。

心不全に発症している人は高血圧やメタボに該当する方が多く、塩分の取りすぎや運動不足も原因となり、激しい運動をしてないのに動悸が出る方は危険です。

突然症状が現れて亡くなる方もいるので注意しましょう。

安静時に息切れや咳が続くという方はかなり高い確率で心不全なので、なるべく血圧を上げないように生活しながら病院に向かうと良いです。

スポンサードリンク


心不全を予防する方法


今から心不全の症状を対策する方法を紹介するので、病気が発症しているか不安な方は日頃から試してみる事をおすすめします。

心不全の対策方法

寝る前に水を200㏄飲む
夜食と塩分の取りすぎを止める
緑茶やウーロン茶を1日3杯飲む
納豆を食べる
ウォーキングをする

以上が心不全の症状を対策する方法となります。

人間が水分不足になりやすい時は睡眠時にあり、人間は7時間ほど寝ていますが、その時に水分を摂取出来ないため、血流がドロドロになります。

そうなると栄養と酸素を全身に送れずに心不全の症状が出ます。

そのため寝る前に200㏄の水を飲み、夜食と塩分の取りすぎを避ける事が大切で、塩分を控えるため漬物や味噌汁などは残す事にしましょう。

高血圧を気にしている人は緑茶やウーロン茶が良いでしょう。

緑茶やウーロン茶を毎日飲んでいる人は飲んでない人と比べて、高血圧の発症率が40%低いと分かっているため、毎日1日3杯飲むと有効です。

飲み過ぎると副作用が出る事もあるので、それは控えましょう。

また心不全の症状に有効なのが納豆で、納豆の「ムチン」という成分が心臓を強くしてくれて、脂肪を燃焼するため高血圧にも良いです。

しかし、加熱調理すると効果がなくなるため、気を付けましょう。

咳や痰が続く方は運動をしたくないかもしれないので、納豆を食べるのが良いのですが、ウォーキングを20分すると改善に有効なのでおすすめです。

スポンサードリンク



咳と痰を止める方法


心不全の症状で咳や痰が続くと喉を痛めてしまうので、早めに治す事で健康に良いため治す方法を教えたいと思います。

咳と痰を治す方法


冷たい飲み物を避ける
生姜湯を飲む
マフラーをする
マスクをする

以上が咳と痰を治すのに有効な方法です。

人間の口の奥には扁桃腺という部位があり、この部位を広げると痰を出しやすくする事が出来て、それには温かい飲み物が良いです。

逆に冷たい飲み物だと咳が悪化するどころか扁桃腺が締まってしまいます。

生姜湯を飲むと高血圧を治して、咳や痰以外に心不全の症状を予防する事が出来て、生姜小1に温かいお湯を加えると簡単に作る事が出来ます。

またハチミツを入れると咳を予防効果がとても大きいのでおすすめします。

マフラーをすると喉の部位を温めて咳と痰を治すのに有効で、寝ている時にマフラーを首に巻いて寝ると状態が良くなるでしょう。

マスクは風邪やウイルスを予防するだけでなく、喉の刺激を防ぐ事が出来ます。

刺激を防ぐと喉の痛みを緩和する事が出来て、痰と咳を早く治した方は温かいお湯でうがいをするのが有効で、早めに心不全の症状を治す事が大切です。

以上で心不全の症状による咳と痰について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ