心不全の症状は胸水としびれ!治す方法とは


最近手足のしびれを感じるという人は心不全による症状が考えられ、発症している人は胸水(胸に水が溜まる)特徴があります。

e2434b12924bd954b2a36574b87a4e6e_s

突然お亡くなりになる方もいるため、胸水などの特徴は見過ごせません。

最初に心不全による症状やしびれ方について説明して、次に予防する方法をお伝えするので、健康に自信がない方は見てください。

心不全の症状


我々が普段当たり前のように生きる事が出来るのは、栄養と酸素のおかげなのですが、栄養と酸素を全身に送ってくれているのは心臓となります。

心臓は血流を通して栄養と酸素を全身に運ぶのですが、弱ると運搬出来ません。

機能が落ちると栄養と酸素が全身に運べず、心不全が発症してしまい、発症してるかもと心配な方に症状を紹介してみました。

心不全の症状

咳や呼吸困難
手のしびれ
胸水が出る
物忘れをする
睡眠障害
食欲の減少
全身の疲労
足のむくみ

以上が心不全による症状とされています。

心臓はポンプのようにして体の水分を運んでいますが、運びきれない場合は至る箇所に水分が溜まり、胸水となってしまうようです。

しかし、心不全の症状が出ていない健全な方にも胸水は多少あるようです。

また指先や手にしびれが出る事があり、心不全の症状は安静時にも出るとされており、普段ドラマを見ながらリラックスしている際に異常が出る方は危険です。

心不全の原因は生活習慣病にあるとされています。

運動不足・過度な飲酒・暴飲暴食・不規則な生活・高血圧などが原因として考えられるので胸水やしびれの症状を防ぐためにも控えましょう。

スポンサードリンク


心不全の対策方法


やはり肥満や高血圧の方は心不全の発症率が高いので、自分は健康じゃないという方に簡単に出来る対策方法を紹介します。

心不全の対策

納豆を食べる
夜食は絶対に止める
噛む回数を増やす
肉はささみや鶏肉にする

以上が心不全の症状を対策するのに有効な方法です。

納豆には「マグネシウム」が含まれており、マグネシウムは心臓の機能を高める作用があり、納豆はその他に血栓を溶かして、血液をサラサラにします。

2日に1回の頻度で摂取すると胸水やしびれが多少マシになるでしょう。

また夜食やお酒の飲み過ぎは絶対に止めて、夜食はとてつもなく心臓に大きな負担を掛けて、心不全の症状がかなり酷くなります。

基本的には夜20時以降の食事は控える事にしましょう。

噛む回数は出来れば50回以上にするのが良いのですが、面倒な人は最初に20回は最低噛むようにして、固い物を食べると自然と噛む回数が増えます。

また肉はささみや鶏肉にすると心不全と症状の悪化を防ぎます。

その他に塩分を取りすぎると心臓の負担が大きくなるので、ラーメンや味噌汁の残り汁や漬物と梅干はなるべく控える事を守ってください。

スポンサードリンク



胸水としびれの対処


心不全の症状で胸水がある方は、体にむくみが出る事も多くあり、病院に行くと体の水分を取り除き酸素と栄養を補給してくれるようです。

ちなみに胸水を治したい方は漢方薬を服用すると良いでしょう。

実は心不全による胸水を治すため病院から薬を処方されても、効果があるのは最初だけだという人が多く、逆に漢方薬を服用したら効果があるという人が多いです。

また心不全の症状でしびれが出る方は先ほど紹介した対策を頑張ってください。

手のしびれを治すのに有効な方法は「グーパー体操」が有効で、これは手の平を上に向けてグーとパーを力強く繰り返す方法となります。

グーとパーの交代は2秒間ほどの間隔を掛けて、グーパーとリズムを作りましょう。

手のしびれを改善したい方は1日朝・昼・晩と3回繰り返すのが有効で、1セット25回を目安に頑張るようにしてください。

以上で心不全の症状である胸水としびれについて終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ