心不全の症状は若者と高齢者で違う!?予防方法とは


高齢者の方は体の節々が弱いため、心不全の症状だと思われない方が多く、若者でも発症する事があるので、油断は禁物です。

d3d714dd1b853722df4248c8cb664cd9_s


その証拠に10代ほどの年齢の方すら発症する事が分かっています。

ここでは心不全の症状を説明していき、次に若者や高齢者の現状や予防方法を紹介するので、気になる方は見てください。

心不全の症状


心臓は筋肉のような構造となっており、ポンプのように血流を流す役割を持ちますが、高齢者になると次第に体の筋肉と同じように衰えます。

衰えるのは高齢者だけでなく、不規則な生活をする若者も同様です。

心不全の症状を引き起こす原因は心臓が弱り、血流を流す力が衰えるため、血流に含まれる栄養と酸素を全身に運ぶ事が出来ず発症します。

自分が予備軍ではないかと心配な方は以下の心不全の症状を確認してください。

心不全の症状

ピンク色の痰
呼吸困難や咳
胸の痛み
足にむくみが出る
全身のだるさ
食欲の減少
睡眠障害
物忘れ
手のしびれ

以上が心不全の症状となります。

この病気が発症しやすい方は肥満や高血圧などに該当する方が多く、突然お亡くなりになる悲惨な結末を迎える方もいるので、注意が必要です。

心不全の症状は安静時にも出るのが特徴と言えます。

つまりデスクワークのお仕事やソファに寝そべっている時など、こういう時に突然呼吸困難などの症状に見舞われる事があります。

そのため心不全かもと思ったら早めの対処を忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク


若者と高齢者の特徴


高齢者の方は若者と比べて全身の水分が少なく、心不全になると体の水分を各々の部位に運ぶ事が出来ず、体に水が溜まる事があります。

そうなるとむくみが出るのですが、高齢者はこの症状が出やすいです。

年齢を重ねるに連れて心臓が弱るため発症率が高く、心不全の症状である物忘れも認知症と勘違いされがちなので、他の特徴をよく見てください。

ちなみに最近では高齢者に限らず若者でも発症する方が増えています。

糖尿病や高血圧は若者には無縁と感じる方が多いですが、最近では狭心症などの40代が発症するような病気を10~20代の若さで発症する方がいます。

これは日頃からよく聞く生活習慣病が大きな原因でしょう。

心不全の症状は厄介な事に若者などの年齢に関係なく発症する病気で、実際に発症した方は気分が悪すぎて仕事も出来ない状態だったようです。

また心不全の薬は副作用で立ちくらみが出るので、高齢者にはきついです。

発症を予防したい方は、過度な飲酒・ストレス・高血圧・肥満・運動不足・不規則な生活・食べ過ぎなどを止めるようにしましょう。

特に若者はスマホやパソコンばかりで生活習慣が乱れているので注意しましょう。

スポンサードリンク



心不全の予防方法


今から体が不自由な高齢者や仕事で忙しい若者でも出来る、心不全の症状を予防する方法を紹介するので、予防したい方は是非見てください。

心不全の対策方法

日頃から歩く習慣を付ける
トマトジュースを200ml飲む
納豆を食べる
漬物や梅干は控える
夜食と不規則な生活を止める

以上が心不全の症状を予防する方法となります。

歩くとストレス解消に有効で肥満対策にもなり、家の中をグルグル回るだけでも効果があって、20分もすれば高齢者の方にはとても良い運動です。

ちなみに若者はエレベーターを避けて、階段を上ると良いでしょう。

心不全の症状にはトマトジュースが有効で、トマトにはカリウムという成分が含まれているため、塩分を排出して高血圧を防いでくれます。

また便秘を改善する作用があり、毎日200ml飲むと健康に近づけます。

心不全の症状を悪化させるのは、漬物や梅干などの高齢者が食べる事が多い食事で、納豆などの大豆食品を食事に取り入れると予防に役立ちます。

納豆は脂肪を燃焼して、脳梗塞などの原因である血栓(血の塊)を溶かします。

その結果血液がサラサラとなって、心不全の症状を防ぐとされており、2日に1回ほどの頻度で食べると良いので、常に冷蔵庫に保存しましょう。

夜食や不規則な生活はとても体に悪いので絶対に止めて、以上の事を試すと心不全の症状を予防できるので、予備軍となる若者や高齢者の方は頑張ってください。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ