心不全の症状はむくみ!高血圧で発症しやすくなる!?


高血圧の方は様々な病気の発症率が高いですが、心不全もそれと同じで、症状によってむくみが出る事もあるようです。

また予防方法やむくみの改善方法を紹介したいと思います。

最初に心不全の症状と高血圧の関係について説明して、次に簡単に出来る予防をお伝えするので、治したい方は見てください。

心不全の症状と高血圧の関係


高血圧になると血流に圧力が掛かり、心臓に栄養と酸素を送る冠動脈の血管内が硬化して、心臓に栄養と酸素を送れず心不全の発症率が高くなります。

心不全の症状は心臓が衰弱して全身に栄養と酸素を送れずに発症します。

人間が当たり前のように生きているのは心臓がポンプの役割を持ち、栄養と酸素を全身に送っているのが理由で、高血圧で心臓が弱ると発症しやすいです。

ちなみに心不全の症状は以下の通りとなるので、高血圧の方は見てください。

心不全の症状

体のむくみ
物忘れが激しくなる
息切れと咳
ピンク色の痰
胸の痛み
手の痺れ
全身の疲労感
食欲減退

以上が心不全の症状となります。

体にむくみが出る理由は心臓の機能が落ちて、全身に水分を送りきる事が出来ず、体の様々な部分に水分が溜まり、むくみとなってしまいます。

特に高齢者の方は水分量が少なく安定しないので、体に出やすいです。

心不全の症状が出る時は安静にしている際にも出るのが特徴で、激しく動いてもいないのに動悸が出る方は早めに病院に行きましょう。

また不規則な生活・高血圧・暴飲暴食・運動不足・過度な飲酒は原因なので注意しましょう。

スポンサードリンク


心不全と高血圧の対策法


今から心不全の症状と高血圧を予防する方法を紹介するので、健康な人生を歩みたいと考えている人は是非行ってください。

心不全と高血圧の予防法

ウォーキングを20分する
クルミを食べる
オリーブオイルで料理をする
塩分の取りすぎと夜食は止める

以上が心不全の症状と高血圧を予防する方法です。

ウォーキングは毎日20分するのが有効で、食事をした後の30分後に歩くと効果が高く、早歩きでするとさらに良いでしょう。

クルミを食べると血管の動脈硬化を防いで高血圧の予防となります。

クルミはオメガ3脂肪酸を含んでおり、この油は血管の柔らかくして、血液をサラサラにするので、1日15粒食べると良いでしょう。

ちなみに無塩のクルミを買わないと塩分を摂取して高血圧の原因となります。

心不全の症状を防ぐためにはクルミの食べ過ぎは逆効果で、クルミは高カロリーなので1日15粒までにしないと逆に高血圧の原因となります。

ちなみにオリーブオイルには「オレイン酸」と呼ばれる成分で予防に有効です。

オレイン酸は動脈硬化の原因となるコレステロールを予防して、便秘を改善する作用から心不全の症状や高血圧の予防となります。

日頃サラダ油で調理している人はオリーブオイルに変えると良いです。

また夜食は高血圧と心不全の症状になるので控えて、塩分の取りすぎは血圧を上げるため味噌汁やラーメンの汁を全て飲むのは止めましょう。

スポンサードリンク



心不全のむくみを改善する方法


実は心不全の症状でむくみが出る部位には特徴があり、立つ事が多い人は足に出来やすく、逆に寝そべっている事が多い人は背中に出来やすいようです。

心不全のむくみを治すにはトマトジュースや半身浴が有効です。

トマトジュースは心臓の負担を下げる効果があり、リコピンという成分によって高血圧を予防して、コレステロールを排出する作用があります。

またトマトジュースのカリウムという成分でむくみを改善する作用があります。

カリウムとは体内にある塩分を排出して、高血圧を防ぐだけでなく、利尿作用によってむくみを改善する成分があると言われています。

元々塩分が大きな原因でもあり、塩分を摂取すると血中濃度が上がります。

血中濃度が上がるとそれを薄めるために人間は必要以上に水を飲み、体がむくみになってしまうので、これをカリウムで排出すると改善できます。

心不全の症状の予防にもなり、毎日200㏄飲むととても良いですよ。

また早めにむくみを治したい人は半身浴をするのが有効で、こちらは高血圧の予防にも効果があり、20分お風呂にゆっくり浸かると徐々に改善されます。

以上で心不全の症状とむくみについて終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ