心不全の症状とチェック!発症の根拠とは


肥満や高血圧の人で息切れや咳が続く方は、心不全の症状じゃないだろうかと心配になると思うので、チェック方法と発症の根拠を説明したいと思います。

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s


また風邪による場合は一週間で治る事が多いので、それ以上続く方は危険です。

最初に心不全の症状と発症する根拠を解説して、次にチェックをしていき予備軍となる要因を挙げていきたいと思います。

心不全の症状とチェック


なぜ心不全が発症するのか根拠を説明すると心臓に関係があり、心臓の仕事は人間が生きるために必要な栄養と酸素を血流を通して全身に送る事となっています。

しかし、高血圧や肥満になると心臓が弱り、今まで通り送る事が出来ません。

栄養と酸素を送る事が出来ないと様々な異常が現れ、その異常が心不全の症状となっており、根拠は心臓が弱る事で発症する訳です。

自分が発症しているか心配な方は以下の症状が出るかチェックすると良いです。

心不全の症状

動悸や息切れ
体にむくみが出来る
全身のだるさ
胸の痛み
睡眠障害
食欲の減少
手の痺れ
ピンク色の痰
咳が続く

以上が症状のチェックとなりますが、該当する方は心不全の可能性があります。

心不全の症状は安静にしている時にも出る事があり、本を読んでいる時やドラマを見ている時に出る事があり、この時に動悸などが出る方は危険です。

またピンク色の痰は特徴的なので、そこをよく見ると良いでしょう。

その他に咳が何週間も続く場合は心不全の症状かもしれませんし、夜中に何度も起きるというのもおかしいので病院に行く事をおすすめします。

スポンサードリンク


心不全になりやすい人のチェック


今から心不全の症状を発症しやすい人をチェックをしていくので、該当する方は日頃から改善に励みましょう。

心不全チェック

運動不足
高血圧
お酒の飲み過ぎ
糖尿病
暴飲暴食
偏った生活
ストレスを溜める人

以上が心不全を引き起こしやすい人となります。

このチェックで言える事は生活習慣病がやはり大きな原因で、症状を出さないために大切なのはこれらを改善する事が大切です。

ちなみに塩分の取りすぎも高血圧の原因になるので、心不全に悪影響です。

また肉類や惣菜などの食べ物を食べるばかりも問題で、インスタント麺やレトルトカレーも症状を防ぎたい方は摂取を控えましょう。

チェック項目に入っていませんが、夜食も心不全の原因となります。

夜食は消化の負担がとても大きくその分心臓にも悪影響で、夜20時以降は食べないようにすると健康に近づく事が出来ます。

食べ過ぎは体に悪いと言われていますが、夜食よりかはマシです。

また睡眠不足でも心臓を弱めて心不全の症状を悪化させる要因となり、スマホやパソコンばかりして睡眠を減らす生活は止めましょう。

スポンサードリンク



心不全の対策方法


先ほどのチェックで該当する方は、心不全の症状が出る可能性があるため、今から対策方法を紹介したいと思います。

心不全の対策法

ウーロン茶や緑茶を飲む
ピスタチオを食べる
寝る前に水分を取る
ウォーキングをする

以上が心不全の対策方法となります。

ウーロン茶と緑茶を毎日飲む人は飲まない人に対して、高血圧の発症率が46%低いと分かっており、緑茶の成分は血液をサラサラにするようです。

しかし、水の代用にはならないので、1日3杯までにすると良いです。

ピスタチオにはマグネシウムとカリウムを含んでおり、マグネシウムは血管を柔らかくして高血圧を防ぎ、カリウムは塩分を排出してくれます。

カリウムは心不全の症状であるむくみの改善にも有効です。

塩分を排出するという事は心不全の原因である高血圧も防ぐ事が出来るのですが、ピスタチオは食べ過ぎると逆に良くないので1日10粒食べると有効です。

また寝る前に水分を摂取すると睡眠中の水分不足を防ぎます。

これをすると心不全の症状の予防となり、睡眠中はやはり水分を取れないので、水分不足となり高血圧の原因になるので、寝る前に200㏄水を飲むと良いです。

また運動不足はチェックの一つに該当するのでウォーキングをすると良いです。

ウォーキングを毎日20分すると有効で、早歩きで行うと予防効果が高く、食後の30分後にすると良いですよ。

以上で心不全の症状とチエックについて終わります。



スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ