血圧を下げる食べ物はトマト!?効果的な摂取法とは


やはり日頃から血圧を下げる事を意識しなければ、心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクが上がってしまいます。

29a2afd568cbfe129f9c243abf0a4e90_s


実は食べ物の中でもトマトが有効なので、ここでは詳細を説明します。

最初に血圧を下げる食べ物であるトマトの効能について説明して、次に効果的に摂取する方法を紹介するので、健康になりたい人は見てください。

血圧を下げるトマトの効能とは


人間が生活している間に血圧を上げてしまう理由は、塩分の取りすぎ・コレステロールの過剰摂取・お酒の飲み過ぎとなってきます。

血圧を下げる食べ物の中でもトマトは、これらを改善する作用があります。

まず塩分の取りすぎはトマトに含まれている「カリウム」という成分で、体内にある塩分を尿として排出する作用があるため、とても良いです。

またコレステロールの排出にも効果的とされています。

血圧を下げる食べ物の中でも食物繊維がコレステロールに良いとされていて、トマトはペクチンという消化されない食物繊維で通常より多く排出出来ます。

しかも「リコピン」という成分で悪玉コレステロールも排出します。

また血圧を下げるにはお酒を控えるのが有効ですが、止めるのは嫌だなぁと考える方も多く、そんな時にはつまみの食べ物をトマトにすると良いです。

お酒にはアルコールを含んでいて肝臓はそれを分解しなければいけません。

しかし、トマトを食べるとアルコールの分解を手助けしてくれて、肝臓の負担を下げるため飲む前やつまみに摂取すると血圧を下げる事に有効です。

以上の点から血圧を下げる食べ物としては非常に優秀です。

スポンサードリンク


トマトを摂取した時の変化

血圧を下げる食べ物であるトマトを摂取して、本当に効果があるのか疑念を持つ方もいると思うので詳細を説明します。

3週間の間トマトを摂取するという研究がされていました。

その内容は3食の食事に数滴のケチャップを摂取させて、トマトジュースを数杯飲ませるという生活を3週間送り、3週間後生活をした人に変化が現れました。

結果として体内の悪玉コレステロールを平均で13%減少に成功したようです。

また便秘にもその結果は現れており、毎日トマトを摂取した人は排便の回数が1回から2回に増えたという方がおり、血圧を下げる以外にも効果はあります。

ちなみにトマトジュース200㏄内のカリウム量は540mgとされています。

塩分1gを排出するのに300~400mgのカリウムが必要とされており、血圧を下げる食べ物と言われるだけであり、カリウム量は多いほうです。

人間が1日に摂取する塩分量は6gとされています。

日本人の方は外国人から見ても塩分を日頃から取りすぎと言われており、血圧を下げるためには食べ物で排出するだけでなく、摂取を控える事も大切です。

そのため汁物は全て飲まないなど工夫をすると良いでしょう。

スポンサードリンク



血圧を下げる効果的な摂取法


トマトが血圧を下げる食べ物と分かりましたが、実は血圧を下げる効能を大きくする方法があるので、紹介したいと思います。

まずはトマトは固形状のものでなく、ジュースの方が良いです。

ジュース状であればリコピンの吸収率が高くなり、血圧を下げる効果を上げる事が出来て、美容や健康にもとても有効です。

また寝る前に飲むと吸収率が高いので、おすすめします。

トマトジュースを毎日200~800㏄飲むのが有効で、専門家が言うには1日200㏄で充分とされており、900㏄以上飲むと副作用が出る様です。

それはカロテノイド色素の過剰摂取で肌が黄色になる事です。

まぁ肌が黄色になると言っても時間が経過すれば自然と治るのが特徴で、血圧を下げるにはオリーブオイルを混ぜてトマトジュースを飲むと良いようです。

これをするとリコピンの吸収率をさらに上げる事が可能です。

ちなみに血圧を下げる食べ物でもスイカや人参にもリコピンは含まれており、トマト以外にも赤い食べ物は含んでいる事があるので日頃から摂取しましょう。

以上で血圧を下げる食べ物であるトマトについて終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ