血圧を下げる食べ物とお酢の効果とは


お酢は体に良いと昔から言われていますが、血圧を下げる効果もあるとされており、食べ物と組み合わせる事でさらに効能を上げる事が可能です。

ここでは成分の効能を紹介していていこうと考えています。

最初に血圧を下げるお酢の効果を説明して、次にどういう食べ物と組み合わせると効能を上げれるのかおすすめの食べ方をお伝えします。

血圧を下げるお酢の効果とは


高血圧の人の大きな問題はストレスや脂肪の取りすぎ、あるいはお酒の飲み過ぎなどが原因ですが、お酢の効果はこれらを改善して血圧を下げる事に適しています。

お酢を食べ物に付けるとカルシウムの吸収率を上げる効果があります。

カルシウムは短気な性格を改善する作用があるだけでなく、実は血圧を上げる要因となるストレスの解消にも役立つので、食べ物と一緒に摂取したいところです。

またお酢は基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすい体を作ります。

食べ物で摂取した糖質を脂肪として吸収するのではなく、エネルギーとして使用させる作用があり、運動をすると脂肪燃焼効果がいつもより高いです。

そのためお酢を食べ物として摂取すると血圧を下げる作用が上がります。

またお酢には腸内を活性化させて便秘を改善する効果があり、血圧を下げるだけでなくコレステロールの排出にも有効と言えます。

それだけでなくお酒を飲み過ぎる人にもおすすめできます。

お酒を飲むとアルコールの分解のため肝臓が活動しますが、その際に肝臓に負担が掛かってしまうため、血圧を下げる邪魔となってしまいす。

それを防ぐにはお酢を摂取するのが有効で、飲む前や飲んでいる最中に摂取すると肝臓の機能を高めて、肝臓の負担を減らす事が出来ます。

スポンサードリンク


お酢と食べ物の組み合わせ


血圧を下げる食べ物を今から紹介するので、お酢と一緒に食べると作用が高くなるので、改善したい方におすすめします。

血圧を下げる食べ物

サバ、アジ、サンマ、イワシ、タコ
玉ねぎ、ほうれん草、トマト、ブロッコリー
わかめ、昆布、ひじき、大根、ニラ
キュウリ、ナス、ニンニク、里芋、じゃがいも
リンゴ、キウイ、バナナ、グレープフルーツ

以上の血圧を下げる食べ物と一緒にお酢を摂取すると良いです。

お魚類は南蛮漬けのようにして摂取するのが良く、わかめやタコは海藻サラダとして料理を作れば美味しく頂く事が出来ます。

フルーツ類は少し難しいですが、一緒に摂取しなくても効果はあります。

実はお酢を煮物の料理として調味料を使うと塩味を強める作用があり、減塩として有効なので、血圧を下げる事に有効なのです。

そのため煮物料理を作る際にお酢を入れると血圧を下げる事が出来ます。

またカルシウムを含む食べ物と一緒に摂取するとストレス解消に繋がるため、やはりお魚や海藻類と合わせるのが良いので、おすすめします。

ちなみに食べ物と一緒にお酢を混ぜなくても飲むだけでも効果があります。

血圧を下げる実験でお酢を毎日15ml摂取する生活を送ると下がる事に成功したという話があるので、飲むだけでも良いです。

スポンサードリンク



お酢で血圧を下げる方法とは


もちろん日頃食べ物と一緒に摂取する事が望ましいのですが、お酢を飲むという方法があるため今から方法を紹介します。

まずは1日15~30mlのお酢を飲むという事を続けてください。

そして朝・昼・夕方と飲む量を均等に分けて飲むと効果が高く、体が温まっている時であるお風呂から出た時や運動後に飲むと良いでしょう。

ちなみに食べ物の中でも生姜と相性が良いとされています。

生姜は体温を上げる作用があるため、脂肪を燃焼して血圧を下げるお酢とは相性が良く、二つを同時に摂取すると効果が高いと言えます。

しかし、摂取の仕方が難しいと思うので方法を紹介します。

まずは生姜を擦り下ろして小1の分量まで作り、それにお酢小1と熱湯100㏄を入れて完成で、これを毎日飲むととても体に良いです。

甘さが欲しい時はハチミツを入れるとさらに健康に効果があります。

ちなみに血圧を下げるためにはお酢だけでは厳しいので、生活習慣病である不規則な生活を治しながら生活すると改善出来ます。

以上で血圧を下げる食べ物とお酢について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ