血圧を下げる食べ物はグレープフルーツ!?効能とは


グレープフルーツはスカッとした感じの味で美味しいですが、実は血圧を下げる食べ物でもあると判明しました。

209af1b65e3ca0116e1590684f88eee7_s


実際に食べた瞬間、体が熱っぽくなり脂肪を燃焼する感じがしますよね。

そんなグレープフルーツが血圧を下げる食べ物に入るので、ここでは摂取した時の体への効果とおすすめの摂取法を紹介します。

血圧を下げるグレープフルーツの効果とは


血圧を上げる原因は塩分の取りすぎやコレステロールの過剰摂取が原因で、グレープフルーツに含まれているカリウムは塩分を排出してくれます。

またカリウムはむくみを改善する作用から美容にも良いです。

グレープフルーツは食べ物としてカリウムが豊富なだけでなく、「イノシトール」というビタミンを含んでおり、この栄養は動脈硬化を防ぐ作用があります。

この成分が血圧を下げる理由は血管にある脂肪を代謝するからです。

またグレープフルーツには「ペクチン」と呼ばれる変わった食物繊維を含み、この食物繊維は消化されない特徴を持ち、摂取したら水分を吸収して膨張します。

その結果コレステロールの排出量がとても多く、血圧を下げる事が出来ます。

スイカやトマトなどの赤い食べ物によく含まれるリコピンという成分をグレープフルーツは含んでおり、この成分は脂肪を燃焼しやすい体を作ります。

それだけでなく活性酸素を除去して老化を防ぐ作用があります。

またリモネンというグレープフルーツの甘酸っぱい匂いがする皮に含まれている成分があり、この成分はリラックス作用を持ち、血圧を下げる作用があります。

このように血圧を下げる食べ物として非常に優秀です。

スポンサードリンク


グレープフルーツの効果的な食べ方とは


実際にグレープフルーツを食べた方なら分かると思いますが、噛んだ瞬間苦味のような感じがしますが、あれは血中の脂肪を分解する作用があります。

そしてヌートカトンという白い皮に含まれている香り成分も効果があります。

ヌートカトンは交感神経を刺激して脂肪を燃焼作用を上げる性質を持つため、血圧を下げるにはグレープフルーツを食べて運動をすると良いです。

それもウォーキングを20分するだけで充分効果があると言えます。

この時早歩きでするとかなり有効で、お腹が空いた時に当然人間は食べ物を食べますが、そんな時にグレープフルーツを食べると最高に良いです。

それはグレープフルーツのナリンギンによる満腹作用があるからです。

このように食べ物として空腹を満たす効果も大きく、3時のおやつやお菓子の代わりに食べると良いので、好きな人は積極的に食べましょう。

ちなみに血圧を下げるには食べ物でなくても問題ありません。

例えばグレープフルーツジュースを毎日飲むというのも問題はなく、毎日朝・昼・晩と飲んでいけば充分効果があるので、おすすめです。

特にスプーンで食べるのが面倒な方はそうすると良いです。

スポンサードリンク



グレープフルーツの選び方


血圧を下げる食べ物でもやはり頻度が良い物を選ばないと効果は低くなるので、今から質の良いグレープフルーツの選び方を紹介します。

グレープフルーツの選び方

持った瞬間重みを感じる
皮がツヤツヤと張りがある
皮に汚れや傷が付いていない
変色していないもの

以上が質の良いグレープフルーツを選ぶ基準です。

手で重みを感じないようなものは、果物の中がスカスカで中身が良くないので控えて、皮に張りがあるタイプは鮮度が高いと言えます。

また傷などでダメージが付いているものは控えましょう。

血圧を下げるには毎日食べるのが有効で、グレープフルーツ以外の食べ物を食べる事も大切で、バナナなども血圧を下げる作用があります。

人間は同じものばかり食べると脳が成長しません。

そのため他の食べ物を食べる事も大切で、グレープフルーツで美容効果や老化防止をしたい方は赤色の物を選ぶとリコピンが豊富に含まれています。

これは黄色や赤など好きな物を選んでもらうと良いです。

夜食などにカップ麺を食べる方がいますが、グレープフルーツは果物なので消化の負担がかなり低いので、その時食べると血圧を下げるのに有効です。

以上で血圧を下げる食べ物について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ