脳卒中の症状は頭痛やいびき!?原因と予防方法とは


高血圧の方は脳卒中の発症をやはり恐れますが、症状として頭痛やいびきが出るので、それらの特徴を説明したいと思います。

d4547639a7de8816db6ec6a8f918eac8_s

また糖尿病の方は発症率が特に高いので、特に注意が必要です。

最初に脳卒中の症状である頭痛やいびきについて説明して、次に日頃から出来る予防方法を紹介したいと思います。

脳卒中の症状とは


脳卒中には様々な種類があり、一つは脳内の血管が詰まり発症する脳梗塞、二つ目は脳内の血管が破れて発症する脳出血などがあります。

これらは血流に血栓(血の塊)が出来て、詰まる事で発症します。

血流が詰ると脳に栄養と酸素を送れないため、次第に壊死していき脳卒中の症状が発症して、以下のような異常が現れます。

脳卒中の症状

呂律が回らず言葉が出ない
頭痛や吐き気
片足や片手のしびれ
顔面の麻痺
突然いびきを出すようになる
めまいや片目が見えない

以上が脳卒中の症状となります。

これらは血流が悪くなる時である夏や朝起きた時に出やすく、水分不足になりがちな時に脳卒中の症状は出やすいので、そこは注意深く見ましょう。

ちなみに頭痛が出る人はくも膜下出血の可能性が高いです。

特に軽い頭痛とめまいが同時に出る人はその可能性があり、突然殴られるような強い痛みを伴う場合は脳卒中による症状である場合があります。

また徐々に頭痛が酷くなる場合は違う病気による場合が多いです。

ちなみにズキズキと痛むような頭痛の場合は脳卒中の症状ではないケースが多く、その場合は生活習慣の乱れなどが原因として考えられます。

スポンサードリンク


脳卒中といびきの関係


脳卒中の症状が出る人は肥満・ストレス・高血圧・運土不足・偏った食生活・お酒の飲み過ぎが原因であり、予備軍に該当するため注意が必要です。

またいびきを出さない人が突然いびきを出すようになると危険信号です。

人間の脳は悪影響を受けると気道が塞がるようになっており、下が落ち込むため、いびきを出しやすくなるのです。

元々鼻から肺に酸素を送る気道が細くなり、発症するものです。

そのため酸素の救急が間に合わないため、いびきが出る事から脳卒中の症状とされており、脳卒中の症状以外にお酒を飲む事が原因である事もあります。

寝る前に飲んでしまうと喉の筋肉が落ちるので、いびきの原因になります。

もし脳卒中による症状でいびきが出ている場合は、軽めに体を揺すり声を掛けるのが有効な対処で、これをして起きない場合は脳梗塞の可能性が高いです。

その場合はなるべく早く病院に診てもらうと良いでしょう。

また睡眠の質や生活習慣病が問題でいびきが出る事もあり、ココアを飲むと睡眠の質を上げれて効果的なので、改善に役立つ事があります。

後は規則正しい時間に寝て、食事の内容を改善すると有効です。

スポンサードリンク



脳卒中と頭痛を予防する方法


今から脳卒中と頭痛を予防する方法を紹介するので、いびきなどの症状に悩まされている方に是非ともおすすめします。

脳卒中と頭痛を治す方法

緑茶を1日3杯飲む
ウォーキングを20分する
バナナやクルミを食べる
暗くて静かな場所にいる

以上が脳卒中の症状と頭痛の予防に有効です。

緑茶にはカテキンが含まれており、カテキンは血圧を下げる作用があり脂肪を燃焼するため、毎日3杯飲むと動脈硬化を防いでくれます。

しかし、水とはまた違ってくるので、水分も摂取しましょう。

ウォーキングをすると一時期血圧が上がり、脳卒中の症状が悪化する事がありますが、次第に血圧は下がり、予防に有効な運動となります。

ちなみに早歩きでするとかなり効果が高いのでおすすめです。

またバナナとクルミはカリウムを多く含んでおり、カリウムは塩分を排出するため高血圧を防ぎ、その他に食物繊維でコレステロールを排出してくれます。

そのため便秘を改善して脳卒中の症状にとても良い状態となります。

頭痛で悩んでいる方は明るい所や音がうるさいところだと頭痛が悪化しやすいので、そういう場所は控えて、痛む部分を冷やすと効果的です。

以上で脳卒中の症状であるいびきと頭痛について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ