脳卒中の症状と初期の特徴!対策方法とは


高血圧の方や健康に自信がない人は、脳卒中の発症を心配している方が多いと思うので初期症状を紹介していこうと思います。

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s


また対策方法をお伝えするので、気になる方は見てください。

最初に脳卒中で現れる初期症状を紹介して、次に対策に有効な習慣や避けるべき食べ物を説明していこうと思います。

脳卒中の初期症状


人は栄養と酸素を血流に通して脳に送っていますが、コレステロールの取りすぎや動脈硬化が進むと血液がドロドロになり、脳に栄養と酸素を送れません。

すると脳が壊死して脳卒中の初期症状が出てきます。

脳卒中には血管が破裂して発症するクモ膜下出血と血管が詰まって発症する脳梗塞などの種類があり、どちらもとても危険です。

もしかすると自分は脳卒中が発症しているかもと心配な方は、今から初期症状を紹介するので確認していく事をおすすめします。

脳卒中の初期症状

片目がボヤけたり見えなくなる
簡単な計算が出来ない
心臓の鼓動のような耳鳴りがする
呂律が回らず言葉が出てこない
顔面の麻痺と片手片足の痺れ
頭痛や吐き気
フワフワした感じのめまい
文字を書けない
歩く事が出来ない

以上が脳卒中の初期症状です。

脳卒中の初期症状が出たら救急車を呼ぶ事が効果的で、救急車を呼びたくない場合はとにかく早めに病院に診察すると良いでしょう。

診察が遅れると状態が悪化して後遺症が残る事があります。

ちなみに脳梗塞の場合だと初期症状が出る確率は30%とされているため、脳卒中の初期症状は必ず見過ごさないようにしたいところです。

見過ごした場合は恐ろしい事に80%の確率で死に至るか後遺症を残す事となります。

スポンサードリンク


脳卒中の初期症状が出やすい時

夏になると汗を掻く事が多く水分不足になりがちで、そのせいで血液がドロドロになって脳卒中の初期症状が出やすくなります。

また睡眠中に水分が取れないため、朝起きた時にも出やすいです。

脳卒中の初期症状が出やすい人は生活習慣病が大きな原因で、ストレス・暴飲暴食・過度な飲酒・高血圧・糖尿病・運動不足・不規則な生活が問題です。

これらを改善するとまず発症する事はないと思います。

脳卒中の初期症状が出ているか確認するには、口を「いー」と広げて、口角が上がる場合は麻痺しておらず、その他に手の間隔で見極める事も出来ます。

折り紙で鶴を折るなど手を使う作業で試すと良いです。

鶴でなくても手を広げたり、指先を1本ずつ動かしたりなどして正常に動くかどうか、確認すると脳卒中の初期症状が出ているか分かります。

ちなみに旦那が突然いびきをするようになったという方は危険です。

いびきは気道が収縮する事によって発生するものであり、脳卒中の初期症状で出る事があって、頭を少し上に上げて声を掛けても起きない場合は可能性があります。

そのためいびきをする場合は病院に行く事をおすすします。

スポンサードリンク



脳卒中を予防する方法


先ほどから脳卒中の初期症状についてお話しましたが、次に予防する方法を紹介するので、発症を防ぎたい方は見てください。

脳卒中の予防法

トマトジュースを毎日飲む
アーモンドを食べる
ウォーキングをする
お酒や夜食は控える

以上が脳卒中の初期症状を防ぐ方法です。

トマトジュースはリコピンという成分で高血圧を防ぎ、カリウムを含んでいるため体内にある塩分を排出してさらに血圧を下げてくれます。

またコレステロールを排出して、脂肪を燃焼しやすい体にします。

そのため1日200㏄飲むのがおすすめで、脳卒中の初期症状を出さないためにも日頃から飲み続けると良いので、毎日飲む事にしましよう。

ちなみにアーモンドはオレイン酸で便秘を改善してくれます。

また悪玉コレステロールを排出して善玉コレステロールを増やす作用がありますが、高カロリーなので1日10粒ほどにした方が良いでしょう。

ちなみに脂肪を燃焼しやすい状態でウォーキングをすると良いです。

脳卒中の初期症状を予防するにはウォーキングが有効で、早歩きでするとさらに効果が上がり予防に役立つのため、毎日20分行いましょう。

しかし、お酒や夜食は体にとても悪いので控えた方が良いです。

特に夜食は体の負担が大きく、夜20時以降は我慢して食べるのを止めて、食事を摂取する際でもきちんと噛んで食べましょう。

以上で脳卒中の初期症状について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ