脳卒中の前兆はあくびや肩こり!?予防方法とは


なぜか最近あくびが頻繁に出るし、肩こりが酷いという方は脳卒中の前兆が原因かもしれないので、詳細を説明します。

a452de9b84ce0d7bbbc6753170491e9e_s


特に高血圧の方は発症率が高いのでよく見た方が良いです。

まずは脳卒中の前兆であくびや肩こりがどのように現れるのか説明して、次に予防方法を紹介していこうと思います。

脳卒中の前兆


血流が悪い人は血管内の動脈が破裂して発症するクモ膜下出血と血流が流れなくなって発症する脳梗塞に分けられてきます。

脳卒中の前兆は血流の流れに異常が出来て、栄養と酸素を脳に送れず発症します。

あくびや肩こり以外に脳卒中の前兆には様々な症状があるので、今からそれを紹介したいと思います。

脳卒中の前兆

片手片足や顔面の麻痺
呂律が回らず言葉が出ない
あくびや肩こりが酷い
文字を書く事が出来ない
めまいや頭痛がする
簡単な計算が出来ない

以上が脳卒中の前兆となります。

人間の体には目を閉じていても体がどの位置にあるか把握する能力があり、脳卒中の前兆で肩こりが出る人は脳に支障が出ているせいで把握できません。

それは脳が肩に送る情報も遮断される理由になります。

すると筋肉が硬くなるため肩こりを伴い、脳卒中の前兆で片足や片手が痺れるようになり、歩き方が変になることによって肩こりになる事もあります。

そのため肩を揉んでも治らない方は注意が必要です。

スポンサードリンク


脳卒中のあくびには特徴がある!?


あくびは本来眠い時に出るものなのですが、「生あくび」という眠くないのに出るという種類があり、脳卒中の前兆で出る事があります。

特に頭痛・吐き気・めまいの症状が同時に出る方は可能性が高いです。

生あくびは脳卒中の前兆が原因と言い切れるものではなく、ストレス・疲労感・緊張時などに出る事があるので原因は様々です。

脳卒中の前兆で生あくびが出る理由は脳の疲労が関係しています。

やはり血流が悪くなるこの病気では酸素を脳に送れなくなる事から、酸素の供給が足りないため、生あくびで補うとしている訳です。

こうする事によって脳の疲労を防ごうと無意識に出ています。

脳卒中の前兆ではなくストレスが問題かもと思う方は、ココアを飲む事がおすすめで、ココアは睡眠の質を上げてリラックスさせる作用があります。

ちなみに血圧を下げるので脳卒中の前兆かもと疑っている方にも良いです。

もし生あくびがどうしても続くという方は、やはりあまり良い症状ではないので一度病院に行って診察をしてもらうと良いでしょう。

またしっかり寝ても改善しないか、どうかも確認しましょう。

スポンサードリンク



脳卒中の予防方法


やはり仕事の支障となる生あくびや肩こりなどの前兆を早めに治して、脳卒中を予防したいところなので予防方法を紹介します。

脳卒中の前兆を予防する方法

早歩きで歩く
トマトジュースを飲む
夜食や間食を止める
クルミを1日10粒食べる

以上が脳卒中の前兆を防ぐ方法です。

普段から早歩きで歩くと運動不足の解消となり、このウォーキングを1日20分すると良いので、家の中でも出来るのでおすすめします。

またトマトジュースはリコピンで血流を良くしてくれます。

トマトジュースにはリコピン以外にカリウムを含んでおり、カリウムは塩分を排出して、むくみを改善するので、脳卒中の前兆に有効です。

また便秘を改善してコレステロールを排出するようです。

夜食や間食は体に悪く控えた方が良い習慣で、間食はまだ良いのですが、最低でも夜食だけはかなり体に悪いため止めた方が良いです。

ちなみにクルミを食べると脳卒中の前兆に効果的です。

クルミにはオメガ3脂肪酸という成分で動脈硬化を防ぎ、オレイン酸でコレステロールを排出するので体にとても良いです。

そのため1日10粒食べると効果的と言えるでしょう。

ちなみにクルミは塩分を添付している商品がよくあるので、そういった商品は避けるようにすると血圧を上げずに済む事となります。

以上で脳卒中の前兆であるあくびと肩こりについて終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ