脳卒中の症状と前兆!fastチェック診断について


近代では血圧が高い方が多くそのせいで脳卒中の発症率が高くなり、症状には前兆があるので、それをfastチェックで調べると予備軍かどうか分かります。

7b42235ce5b8b41d3bbf2c0f36fc2af8_s


また予防に有効な方法を紹介するので、健康に自信がない人は見てください。

最初に脳卒中の症状でどのような前兆が出るのか説明して、次にfastチェックを行い予備軍となる方を挙げていき、予防法をお伝えします。

脳卒中の前兆症状


我々が歩いたり手を動かす事が出来るのは、栄養と酸素が全身に送られているから出来る事で、栄養と酸素を送る血液がドロドロとなり詰まると危険です。

なぜなら手足を動かすなどの指令を出す脳に必要な成分が行かないからです。

この状態が続くと脳が次第に壊死していき、脳卒中の前兆症状が現れてくるので今からそれらの状態を紹介します。

脳卒中の前兆症状

ペンが持ちにくくなり文字が書けない
手足の麻痺や顔面麻痺
いびきをするようになる
めまいや頭痛を伴う
簡単な計算が出来なくなる
片目が見えなくなる
耳鳴りやめまいがする
言葉が出ずに呂律が回らない

以上が脳卒中の前兆症状です。

脳卒中の前兆症状は水分不足になる時ほど出やすく、夏の暑い時期などで汗を掻いて水分不足となり体に異常が出る事があります。

また恐ろしい事に3割の方にしか前兆症状は出ないようです。

そのためfastチェックを行う事が大切で、朝起きた時も脳卒中による以上が出やすく、これは睡眠中のため水分を取れず、水分不足となり朝にも出やすいという訳です。

特に以前はいびきをしていなかったのに急にするようになった人は危険です。

スポンサードリンク


脳卒中とfastチェック法


やはり脳卒中の前兆症状が誰にでも出る訳ではないので、今から発症しているか確認するfast診断を行いたいと思います。

脳卒中のfast診断

F FACE(顔)

まずFの診断は顔面麻痺の確認を行う診断であり、口を大きく「いーっ」として顔を動かして両方の口角が上にきちんと上がれば顔面麻痺をしていません。

A ARE(腕)

これは腕が麻痺しているかをチェックする方法で、最初に手のひらを上に向けた状態で肩の位置に両手を維持して、目を閉じて両手のどちらかが下がると脳卒中の前兆症状が出ています。

S SPEECH(言葉)

これは言葉を喋る事が出来るかという脳卒中の前兆症状を調べる方法で、「あいうえお」と言えるかどうかや何曜日が訪ねて聞いたりすると良いです。

T TIME(時間)

これは脳卒中の前兆症状を確認する方法ではなく、後遺症を残さないための対処法で、発症した人の60%は後遺症を残すので、速やかに病院に行く事が大切です。

以上が脳卒中の前兆症状を調べるfastチェック方法です。

このfastチェック法はアメリカにある脳卒中協会が作成した方法なので、前兆症状が気になる方は是非とも行うべきです。

また予備軍となる方は生活習慣病である高血圧・ストレス・お酒の飲み過ぎ・暴飲暴食・不規則な生活・運動不足も発症率が高いので注意が必要です。

塩分の取りすぎも問題となっているので、それも日頃から気を付けましょう。

スポンサードリンク



脳卒中を予防する方法


今から脳卒中の前兆症状を予防するのに役立つ方法を幾つか紹介するので、毎日継続してどんどん健康になりましょう。

脳卒中の予防方法

ヨーグルトを毎日食べる
オリーブオイルで料理をする
毎日ウォーキングや筋トレをする
緑茶を毎日飲み続ける
夜食を止める

以上が脳卒中の前兆症状を抑えてくれる予防法です。

ヨーグルトはコレステロールを下げる効果があり、リンゴやハチミツなどと一緒に摂取するとオリゴ糖の餌となるので、効果が高いです。

毎日食べる事で便秘を改善して、美容にも良いのでおすすめです。

また脳卒中の前兆症状を防ぐにはオリーブオイルも有効で、こちらは便通を良くしてコレステロールを排出する作用があるので有効です。

普段サラダ油などを使っている方はオリーブオイルにすると良いです。

日頃の運動不足を解消するには筋トレが有効ですが、それが嫌な人はウォーキングを20分するのがおすすめで、早歩きで20分やりましょう。

脳卒中の前兆症状には緑茶も効果的と分かっています。

緑茶は高血圧を改善すと分かっており、脂肪を燃焼しやすい体質を作りリラックスさせる作用があり、1日3杯飲むと良いです。

また夜食はとても体に悪いので、食べるにしても負担が少ない果物にしましょう。

以上で脳卒中の前兆症状とfastチェックについて終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ