狭心症の症状で胃痛!治療と対策方法とは


胃痛が治らず続く方は狭心症による症状の可能性があり、その他にストレスなども関係する事があるので、原因について説明します。

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s


また誰でも簡単に出来る、治療法と対策を紹介したいと思います。

最初に狭心症がどのような病気なのか説明して、次に胃痛の症状を治す方法を幾つか挙げていくので、気になる方は見てください。


狭心症の症状


健康診断を受ける際に自身がない人ほど、狭心症に掛かっている可能性が高く、主に肥満の方や高血圧の人などは予備軍となってしまいます。

狭心症は冠動脈という心臓に血液を送る脈が詰まり、胃痛などの症状が出ます。

これは多量に摂取したコレステロールや糖分などが血液をドロドロにして、血流が詰る事で栄養と酸素を心臓に送る事が出来ず、発症する病気です。

また糖尿病の方は普通の人より、発症リスクが高いので注意が必要です。

昼間にテレビを見ている時やウォーキング時など、狭心症は安静にしている時に症状が出るタイプと興奮時に症状が出るタイプに分かれます。

また胃痛以外に胸の痛みが代表的な特徴と言えます。

狭心症による胸の痛みは、胸が締め付けられる感じや圧迫されるような痛みを伴い、30分以上続く場合はすぐにでも救急車を呼んだ方が良いです。

その他に冷や汗・動悸・胃痛・肩こり・咳・呼吸困難などの症状があります。

また狭心症の症状は一時期出なくなるケースもあり、この場合は治った訳でなくむしろ続いている状態なので、胃痛ない時でも油断は出来ません。

そのため自分の体が異常だと思った方は、早めの対処を心掛けましょう。


スポンサードリンク


胃痛の原因と治療方法


胃痛の原因は沢山あり、ストレス・消化不良・狭心症・食生活の乱れ・食中毒などがあるため、自分に心当たりがあるものを疑いましょう。

また肉を大量に摂取した場合は消化不良となり、胃痛の症状が出る事もあります。

今から胃痛を治す方法を紹介していくので、これらを試しても改善されない方は
狭心症の症状とも考えられるので、注意が必要です。

胃痛の治療方法

刺激物を避ける
お酒を控える
胃に優しい物を食べる
牛乳を飲む

以上が胃痛を治すのに効果的な方法です。

辛い食べ物が好きな方もいるかもしれませんが、香辛料は胃を刺激するため摂取は避けるべきで、コーヒーやお茶なども控えた方が良いです。

またお酒や食事は胃痛がある際は控えるようにしましょう。

どうしてもお腹が空いた時は、梅干やお粥を食べる事がおすすめで、これらは胃の負担が小さく、梅干は胃の荒れを改善するのに有効です。

また牛乳は胃の粘膜を保護する作用があるので、家にある方は飲みましょう。

夜食や間食などの食べ過ぎで胃痛になる事があり、夜食や間食は狭心症の原因にもなるため控えるようにした方が良いでしょう。

ストレスが溜まっている人は、睡眠をしっかり取ると改善に有効です。


スポンサードリンク



狭心症の症状を治す方法


基本的に狭心症の症状が現れる方には特徴があり、主に運動不足・過度の飲酒・高血圧・糖分の過剰摂取・食べ過ぎなどの生活習慣に特徴があります。

これらを改善すると狭心症の症状を治す事も不可能ではありません。

今から狭心症の症状を治療する方法を紹介するので、病院に行かずして治したい人は毎日頑張って取り組んでください。

狭心症を治す方法

納豆を食べる
水分を小まめに摂取する
夜食や間食を止める
ウーロン茶を飲む
ウォーキングをする

以上が狭心症の症状を治す方法となります。

納豆はコレステロールを排出する効果があり、脂肪を燃焼しやすい状態を作るため、高血圧や糖尿病に有効なので、非常におすすめ出来る食べ物です。

しかも「ムチン」と呼ばれる成分で胃の粘膜を良くして、胃痛を改善します。

納豆の脂肪燃焼効果は2日ほど続くため、2日に1回ほどの頻度で食べるのが良く、狭心症の症状を治すには、この規則を守ると良いです。

また水分を1時間に1回飲むと血流の流れを良くするので、おすすめです。

狭心症の症状を悪化させるのは夜食や間食で、特に夜食は消化の負担がとても大きいため、夜7時以降の食事を控えて生活すると良いでしょう。

ウーロン茶は脂肪を燃焼するため、コレステロール排出に有効です。

しかし、飲み過ぎると下痢や嘔吐の副作用や胃痛が悪化するため、ほどほどに飲む事が大切で、日々飲み続けると狭心症の症状に有効です。

またウォーキングは胃痛がない時などに動くと有効です。

狭心症の症状は血流の悪さが原因としてあるため、改善するためにはストレッチなどで血流を良くすると改善に近づけます。

以上で狭心症の症状と胃痛について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ