動脈硬化の予防は運動と生活習慣が大切!?改善法とは


最近の小さなお子さんは外に出て運動するケースが少なくなっており、大人の方もあまり体を動かす事がないため動脈硬化の発症率が高いです。

8c0c3c9bc67402d585e7570789728314_s


予防には生活習慣と体を動かす事が重要となってきます。

まずは動脈硬化の予防に有効な運動を紹介して、次に血液をサラサラにする生活習慣をお伝えするので、気になる方は見てください。

動脈硬化の予防に有効な運動


血管が動脈硬化する理由はコレステロールが関係しており、高血圧の方はコレステロールを摂取すると血管が厚くなりやすいため、非常に危険です。

そのため予防をするには中性脂肪を減らす運動を生活に取り入れると有効です。

運動でもバスケやサッカーなどのスポーツでも良いですし、その他に卓球やテニスなどでもOKなので好きなものを選ぶと良いでしょう。

動脈硬化を予防したいけど好きなスポーツがない方もいると思います。

そういう人におすすめ出来る運動がウォーキングで、ウォーキングはランニングに対して効果は低いですが、間違いなく動脈硬化の予防に効果があります。

やり方のコツとしては腕をしっかりと前後に振る事が大切です。

ウォーキング運動を1日20分毎日やるのがおすすめで、早歩きですると脂肪燃焼効果が高く有効で、サイクリングでも良いので好きな事をしましょう。

またプールの中を歩くとかなり良いので、夏になると是非やりましょう。

動脈硬化を予防するために運動を取り入れる方は、摂取カロリーよりもカロリーを減らさないと中性脂肪を減らせないので、厳しいと思います。

しかし、運動以外にも生活習慣で改善に繋げる方法があります。

スポンサードリンク


動脈硬化を予防する生活習慣


運動して動脈硬化を予防したいという考えはとても素晴らしいですが、それだけでは厳しいので生活習慣で改善する方法を紹介します。

動脈硬化に良い生活習慣

トマトジュースを飲む
納豆を毎日食べる
半身浴をする
夜20時以降に食事を取らない

以上が動脈硬化を予防するのに有効な生活習慣となります。

トマトジュースはカリウムと呼ばれる成分で塩分を体外に追い出す作用があり、高血圧を防いでくれるのですが、その他に脂肪を燃焼する作用があります。

毎日200㏄飲むと動脈硬化の予防に良いので、生活に取り入れましょう。

納豆はナットウキナーゼという成分で体の血液をサラサラにする作用があり、その他に脂肪を燃焼する効果があるため、運動のダイエット効果が上がります。

しかし、加熱調理をすると効果が低くなるので、そのまま食べましょう。

動脈硬化の予防に運動が良いと言いましたが、生活に半身浴を取り入れると基礎代謝が上がり痩せやすいため、非常におすすめします。

毎日20分を目安に湯船に浸かると効果が高いので、そのようにしましょう。

また運動や生活を根本的に変えても動脈硬化が予防出来ない理由は、夜食などが原因であり、夜食はエネルギーではなく脂肪として蓄積されやすいです。

そのため夕食にガッツリ食べて夜食は控えるようにしましょう。

スポンサードリンク



動脈硬化の予防効果を上げる方法


動脈硬化を予防するには運動が良いのですが、ウォーキングでは効果が低いと思われがちなので、グレープフルーツを食べると良いでしょう。

運動前にグレープフルーツを食べると脂肪燃焼効果が高くなります。

しかし、先ほどの生活習慣で動脈硬化を予防する方法にトマトジュースを飲むという方法がありましたが、トマトジュースでも効果があります。

そのため好きな方を選んで摂取してから、運動をすると良いでしょう。

動脈硬化を予防するには有酸素運動がおすすめとされていますが、別にこのような厳しい動きをしなくても生活習慣を改めていれば改善されます。

早めに改善したい人は朝にウォーキングをすると良いと思います。

これは食事を取る前にする事で効果があり、朝食の前にある夕食は既に消化されているため、朝に動くと中性脂肪が燃焼されやすいので動脈硬化の予防に有効です。

ちなみに普段の生活に取り入れる朝食は果物がおすすめです。

果物の中でもバナナなどがコレステロールの排出に役立ち、果物は消化に負担が掛からないため、動脈硬化の予防にとても適しています。

以上で動脈硬化の予防に有効な運動と生活習慣について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ