食べ過ぎで下痢と吐き気が続く!?改善方法とは


身近にあるお菓子や回転寿司などをついつい食べ過ぎてしまい、下痢と吐き気の症状が続くという方に原因を説明したいと思います。

5ddef4bfc6d0960d5e3c438e8413e9fa_s


また治す方法も紹介するので、早めに治したいと考えている方は見てください。

最初に食べ過ぎで下痢や吐き気が続く理由について説明して、次にこの腸内を整える方法を紹介していこうと思います。

食べ過ぎで下痢と吐き気が出る理由


人に食べ物を沢山貰うと食べ過ぎてしまう事がありますが、そんな時に下痢や吐き気を伴う理由は消化が間に合わないため症状が出ます。

本来胃が食べ物を消化して栄養にするのですが、食べ過ぎが続くと異常が出ます。

下痢や吐き気が続く理由は過剰摂取で体に悪い影響を及ぼすため、それを排出しようとする自己防衛のための症状となっています。

これは食中毒などに掛かった時も同じ事が言えます。

また食べ過ぎると下痢や吐き気が続くだけでなく、胃液を多量に分泌されるため、食道に行き渡り胸焼けを引き起こす事があります。

ちなみに消化に大きな負担が掛かるのは、肉類とされています。

肉類は消化に10~24時間掛かるとされており、ご飯などのたんぱく質は8~12時間程とされているので、焼き肉を食べる時は特に注意が必要です。

食べ過ぎによる吐き気や下痢が続くという人は食べ方に問題があります。

肉類はタンパク質と同時に摂取すると消化にさらに負担が掛かるので控えるのが良く、消化不良になる理由は夜食などの不規則な時間に食べるのも原因です。

そのため食べ過ぎにならないために食後の間を空けると良いです。

スポンサードリンク


食べ過ぎで症状が続く時の対処法

食べ過ぎてしまい下痢や吐き気の症状が続く方は、コーヒーを控えるべきで、コーヒーに含まれている「カフェイン」には利尿作用があります。

また腸内を荒らす作用があるため、下痢や吐き気が酷くなります。

食べ過ぎで下痢や吐き気が続く時にはそれ以外にも問題があり、それは水分不足が関わっており、嘔吐物などには水分が含まれています。

そのため体外に汚物を排出する度、体内の水分が減少します。

下痢や吐き気が続く人は水分不足になりがちなため、排出の度に水分を補給すると体に良いので、食べ過ぎた時はそのようにしましょう。

しかし、水分の飲み過ぎも胃の中を荒らすため、飲み過ぎは良くないです。

また食べ過ぎてしまった時にお酒を飲むのも肝臓に負担を掛けて悪影響で、吐き気や下痢が続く状態が治って1日経過してから飲むと良いでしょう。

基本的には水以外は飲まない方が体に優しいのでお茶も避けましょう。

食べ過ぎで吐き気や下痢の症状が続いているにも関わらずお腹が空いたという人は、食事は胃の状態が治るまで控えた方が良いと思います。

この状態で食べ物を摂取するとさらに胃が荒れて症状が悪化します。

スポンサードリンク



下痢や吐き気を治す方法


やはり食べ過ぎで下痢や吐き気が続くのは辛いと思うので、今から治療する方法を紹介するので、治し方は見てください。

下痢や吐き気の改善方法

食事はお粥や梅干を摂取する
冷たい物は控える
辛い物を食べ過ぎない
よく噛んで食べる

以上が食べ過ぎた時に有効な下痢と吐き気の改善方法となります。

症状が続く時にお腹が空いた時はお粥を食べるのが有効で、梅干は胃液の分泌を助けて胃の荒れを治すため非常におすすめです。

また冷たい飲み物を飲むと胃の活動が悪くなので避けた方が良いでしょう。

食べ過ぎてしまい下痢や吐き気が続く際に辛い物を摂取するのは、体に悪そうに見えますが、実は少量であれ胃薬となり、改善に役立ちます。

しかし、摂取し過ぎると逆効果なので少量にしましょう。

また食べ過ぎで下痢や吐き気が出てしまうのは、消化するのが間に合わないだけでなく噛む回数にも問題があり、噛む回数を増やすと治す事は可能です。

噛む回数を増やすと満腹中枢が刺激されて、食べ過ぎを避ける事が可能です。

それだけでなく消化の負担がかなり軽減されるので、下痢や吐き気の症状が続くという方は、噛む回数を最低でも20回にまですると良いでしょう。

また噛むのが面倒な人は固い食べ物を食べると自然と噛む回数が増えます。

食べ過ぎを防ぐにはこれが一番重要なのですが、普段から柔らかいものばかり食べるとどんどん早食いになるので、固い料理も日頃から食べるようにしましょう。

以上で食べ過ぎによる下痢や吐き気が続く理由について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ