食べ過ぎで下痢!体重は太らないのか!?治療方法とは


焼肉などを食べ過ぎてしまった後に下痢になる方がいますが、体外に排出しているので体重は太らないように見えますが、実際どうなのか気になりますよね。

c76b534ab6895cb6d859047ac4838bca_s


ここでは詳細や改善方法をお伝えしたいと考えています。

最初に食べ過ぎにより下痢が出た人の体重は太らないのか説明して、次に荒れた胃の中を治療する方法を紹介します。

食べ過ぎによる下痢と体重の関係


やはり食べてしまったものを排出して体重が太らない方というのをイメージすると羨ましいと感じる人もいるかもしれません。

しかし、食べ過ぎてしまい下痢が出ても体重が1㎏太ったという方もいます。

そのため太らない人というのは個人差があり、食べ放題に行き食べ過ぎてしまって下痢になったという方の中で体重が太らない方もいるそうです。

一見女性には羨ましく思われるかもしれませんが、利点ばかりではないです。

なぜなら食べ過ぎて下痢になってしまう人で、体重が太らないというメリットがあってもそういう人は、痔になる方がほとんどなので嬉しい事ばかりではないです。

また下痢になった時に食べ過ぎてしまった事を後悔する方も多いようです。

食べ過ぎるくらい食べるのが好きだけど下痢が嫌だったり、体重を太らないようにしたいと思う方は、コレステロールの吸収を抑えるウーロン茶が良いです。

ウーロン茶には脂肪の吸収を抑える効果があります。

そのため食べ放題に行く時などの直前に飲む事がおすすめで、体重をふとらないようにするにはこの方法が適しているので、家に置いておくと良いでしょう。

しかし、食べ過ぎて下痢になる事は良い事ではないので注意しましょう。

スポンサードリンク


食べ過ぎによる下痢の対処とは


美味しいものだとつい食べ過ぎてしまいますが、下痢になると体重が太らない以前に辛い思いをする方も多いと思います。

元々食べ過ぎで下痢が出るのは体が受け付けないほど食べてしまったからです。

人間は摂取した食べ物を胃で消化するのですが、短期間に過剰摂取すると体に害が出るため、下痢などの症状を引き起こして排出しようとします。

そのため食べ過ぎてしまった時は、それ以上食事は取らない方が良いです。

また食べ過ぎで下痢が出る時は同時に水分も出てしまうので、水分不足となり体がシワシワとなって体の状態も悪くなるので、水を頻繁に飲みましょう。

しかし、コーヒーやお茶などは飲むと食べ過ぎの状態を悪化させます。

コーヒーやお茶にはカフェインという成分で利尿作用が働いてしまい、腸内にも悪影響を及ぼすため、下痢が酷くなるので通常の水を飲みましょう。

またお酒も良くないので、誘いがあっても控えましょう。

食べ過ぎで下痢が出ている時にお腹が痛む方は、お腹を反時計回りに撫でると痛みを和らげることが出来るので、痛い方はおすすめです。

気分が悪い時は静かな場所で横になると良いでしょう。

スポンサードリンク



食べ過ぎによる下痢を治す方法


下痢になってしまうと気分が落ち込むので、食べ過ぎによる症状を改善する方法を紹介するので、気になる方は見てください。

食べ過ぎと下痢の改善方法

生姜湯を飲む
冷たい物は避ける
運動を控える
食事は控える

以上が食べ過ぎと下痢を治す方法となります。

生姜は胃腸の働きを活発にして元気にさせる作用があり、生姜湯はすりおろした生姜小1に熱湯100㏄を混ぜると簡単に作る事が出来ます。

ハチミツを入れると美味しくなるので、家にある人は入れましょう。

食べ過ぎで下痢になっている人は胃が荒れているため、冷たい物を食べると胃の活動が弱まり、治りが遅くなるので止めた方が良いでしょう。

また激しい運動をすると腸内に刺激を与えて悪いので控えましょう。

食べ過ぎによる下痢が治らない状態で食事を摂取すると胃に悪いので、そうならないためにも症状が回復するまで食べるのは止めましょう。

逆に症状が回復しても食欲がない人はビタミンB1を摂取すると良いです。

ビタミンB1は食欲を増進して疲労を回復する作用があり、食べ過ぎによる下痢が治ったらハムやベーコンを食べると食欲が戻るでしょう。

以上で食べ過ぎによる下痢と体重が太らないについて終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ