食べ過ぎの下痢と原因!対処方法と水を飲む事!?


お腹が空いたらついお腹一杯になるまで食べ過ぎてしまう事がありますが、そのせいで下痢の原因になる事があるので注意が必要です。

a1c84f1772205477010681dc7d78d077_s


ここでは対象方法を紹介しているので、お腹の調子が悪い人は見てください。

最初に食べ過ぎでなぜ下痢になるのか原因について紹介して、次に対処に有効な方法を説明していこうと思います。

食べ過ぎによる下痢の原因


生牡蠣やカツオのたたきなどで食当たりになっていない人で、食べ過ぎてしまった人は下痢が出てしまいますが、原因は消化が間に合わない事が関係しています。

消化が間に合わないと体はそれを異常だと感じて排出しようとします。

食べ過ぎで下痢になってしまう人は短期間に食べ物を胃に入れ過ぎている事が原因で、対処としてはそれ以上食べない事が大切です。

また食べ過ぎ以外に夜食や肉類の過剰摂取も原因である事もあります。

夜食や間食と食べ過ぎはあまり関係なさそうに見えますが、実際には消化の点で関わりがあり、時間に縛られず食べてしまう人は腸内を休ませる事が出来ません。

腸内が疲労した状態になると消化が出来ずに下痢などになる事があります。

そのため下痢の原因は食べ過ぎだけでなく腸内の疲労も関係しており、肉類などの消化に悪いものばかり食べている人もなりやすいと言えます。

特に食べ放題に行った後になる方がいるので注意しましょう。

夜食は特に消化の負担が大きいので夜食の習慣を止めると食べ過ぎによる下痢が治る事もあり、間食も原因なのですがこちらはまだ許せる範囲です。

間食は消化の負担がそこまで大きくないので、安心してください。

スポンサードリンク


下痢になった時の対処法


食べ過ぎで下痢になってしまう原因が分かっても症状が出てしまうと手遅れなので、対処方法をする事で体の状態を治す事が出来ます。

対処としてはまず水を飲む事で体の状態を良くする事が可能です。

人間が下痢によって体内にある食物を排出するのと同時に人体に必要な水分も出ているため、それを補わなければ水分不足の原因となります。

そのため食べ過ぎてしまう人は水分不足になるので水を取る事が対処法です。

また下痢の時にコーヒーを飲むのも食べ過ぎの状態を悪化させる要因となり、コーヒーのカフェインは胃炎の原因になる事があるので控えるべきです。

その証拠にインスタントコーヒーを飲み過ぎた時に下痢になる事があります。

しかし、コーヒーだけを控えるのが対処ではなくお酒も負担を掛ける飲み物なので控えて、水分を積極的に摂取すると食べ過ぎの状態に良いです。

その他の対処としてはとにかく安静に過ごすと食べ過ぎに良いでしょう。

ハッキリ言うと過剰摂取して下痢になるほど食べるという事はかなり腸内が荒れているので、食べ物の摂取は控えるようにしましょう。

対処方法としては下痢が改善されてから1日は食べない方が良いです.

スポンサードリンク




食べ過ぎと下痢を治す方法


原因と対処が分かってきたところなので、食べ過ぎによる下痢を治す方法を紹介するので、早く治したい方はみてください。

食べ過ぎと下痢の改善法

ウーロン茶を飲む
冷たい物は控える
バナナを食べる
楽な姿勢を心掛ける

以上が食べ過ぎによる下痢を治す方法となります。

ウーロン茶には「タンニン」と呼ばれる成分が含まれており、タンニンは便が柔らかくなった状態を硬い状態に戻してくれるので改善に役立ちます。

そのため食べ過ぎの原因で下痢になった時の対処として飲むと良いでしょう。

逆に冷たい飲み物を飲むと胃の動きが不活性化して治りが遅くなり、温かい飲み物を飲むと逆に胃に優しいので温かいものを飲みましょう。

またバナナを食べると荒れた腸内を回復させるので良い対処となります。

バナナには「ペクチン」と呼ばれる水溶性食物繊維を含んでおり、この成分は整腸作用があるため摂取すると食べ過ぎの下痢を治す事が可能です。

しかし、対処方法としては症状が回復してから食べた方が良いでしょう。

また原因となる食べ物は控えてお粥などを食べるのがおすすめで、楽な姿勢を心掛けて生活すると痛みが和らぐのでそのようにすると有効です。

以上で食べ過ぎの下痢による原因と対処方法について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ