食べ過ぎの下痢と嘔吐!胃痛と腹痛の治療方法とは


自分が好きな食べ物がお皿の上に並べられていたらつい食べ過ぎてしまいますが、そのせいで下痢や嘔吐の症状が出て胃痛や腹痛を伴う事があります。

de5e00acccfd9ba43d90c3a73454051b_s


ここでは腹痛や胃の荒れを治す方法を紹介したいと思います。

最初に食べ過ぎで下痢や嘔吐などの異常が出る原因を説明していき、次に胃痛を治す方法をお伝えるので気になる方は見てください。

食べ過ぎの下痢や嘔吐の関係


美味しいものを食べ過ぎてしまい下痢や嘔吐になってしまった時は、消化しきれないほど過剰摂取してしまったのが問題とされています。

そのせいで下痢や嘔吐だけでなく胃の粘膜が荒れて、胃痛や腹痛も伴います。

食べ過ぎの問題は短期間に摂取し過ぎてしまい下痢や嘔吐になって、消化の負担を掛けないために体外に排出しようとダメージを減らそうと発生します。

また食べ過ぎ以外にも夜食やストレスなどで胃痛や腹痛が出る事があります。

ただ過剰摂取しただけで下痢や嘔吐になる事もありますが、夜の遅い時間などの消化器官の働きが悪い時に食事を取ると消化できずに発症するケースもあります。

そのため食べ過ぎだけで胃痛や腹痛などの症状を伴う訳ではないのです。

ストレスによって胃の状態がおかしくなる事もあるので、ストレスが溜まっている人はココアなどを飲むと改善する事が出来るでしょう。

また食べ過ぎ以外にも肉類を食べると下痢や嘔吐に見舞われる事があります。

肉類は消化にとても時間が掛かり、野菜が嫌いで肉ばかり食べている人は下痢や嘔吐になりやすく、そのせいで胃痛や腹痛を伴う事があります。

そのため肉を食べる事を控えるのも必要な対処となってきます。

スポンサードリンク


食べ過ぎの対処方法


食べ過ぎてしまい下痢や嘔吐が出て、体調不良になっている方は水分不足になりがちで、これは下痢や嘔吐によって一緒に水分が体外に出るからです。

そのため水を度々飲むと胃の状態が良くなり、胃痛や腹痛に有効です。

逆にコーヒーなどの胃を荒らす飲み物を飲んでしまうと食べ過ぎによる下痢や嘔吐を悪化させる作用があり、トイレばかり行く事となります。

また胃痛や腹痛も悪化するのでコーヒーは避けた方が良いでしょう。

食べ過ぎによる胃痛や腹痛が辛い人は手でお腹を撫でるのがおすすめで、反時計回りにお腹を優しく撫でると痛みを和らげる効果があります。

また納豆を食べると胃の粘膜を修復してくれるのでおすすめです。

しかし、食べ過ぎによる下痢や嘔吐で食欲がない時や症状が回復していない時に食べるのはあまり良くないので控えた方が良いでしょう。

ちなみに納豆には「ムチン」という成分で胃の粘膜を治してくれます。

ムチンは納豆だけでなくオクラなどのネバネバした食べ物に含まれており、あらゆる胃痛や腹痛に有効なので、症状が回復したら食べると有効です。

納豆で気分が悪くなり下痢や嘔吐を伴う人は、山芋でも代用が可能です。

スポンサードリンク



食べ過ぎの下痢や嘔吐を治す方法


現在食べ過ぎてしまい下痢や嘔吐などの症状で、気分が悪くなっている人に改善方法をお伝えするので早く元気になりたい方は見てください。

食べ過ぎの下痢や嘔吐の改善方法

リンゴを食べる
冷たい物を控える
深呼吸をする
ウーロン茶を飲む

以上が食べ過ぎによる下痢や嘔吐を治す方法となります。

リンゴには「ペクチン」という変わった食物繊維を含んでおり、ペクチンは水分を吸収する作用があり、柔らかくなった便を元の硬さに戻します。

リンゴの皮に多く含まれていて、すりおろして食べると食べ過ぎに有効です。

胃痛や腹痛が酷い人は冷たい物を飲まないと思いますが、冷たい物を飲むとさらに下痢や嘔吐が激しくなる事もあり、症状が悪化するので控えましょう。

また深呼吸をすると状態が良くなるためおすすめします。

深呼吸のやり方は2秒間息を吸い込み、その後8秒間息を止めた状態を維持して、次に息を4秒間吐くとする事が出来るので食べ過ぎの人はやってみましょう。

また下痢や嘔吐が続く方はウーロン茶を飲むと有効です。

ウーロン茶はタンニンという成分で下痢を硬くしてくれるため、食べ過ぎの症状に有効なのでおすすめで、胃痛や腹痛がある人は少し注意が必要です。

飲み過ぎると胃痛や腹痛が悪化するのでほどほどにした方が良いです。

以上で食べ過ぎによる下痢と嘔吐について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ