食べ過ぎで下痢と嘔吐!発熱の原因と改善方法とは


食べ放題に行くとあれもこれらもと食べてしまい、食べ過ぎとなって下痢や嘔吐などを引き起こす事がありますが、発熱したと思う方もいるようです。

7e1ef4cd8ca8a3a6a73aa8105eb873ea_s

しかし、原因は別にあるので、ここでは詳細を説明します。

まずは食べ過ぎによる下痢と嘔吐の症状について説明して、次に発熱の改善方法や腸内を正常にする治療方法を紹介します。

食べ過ぎや下痢などの原因


嘔吐や下痢の症状で困っている方は昨日に食べ過ぎた事が原因である場合があり、一気に摂取すると消化しきれずそのような症状を伴う事があります。

そのため嘔吐や下痢が出るのですが、発熱したという方もいるそうです。

食べ過ぎで発熱を伴うというのは体が血液などを浄化するために出ている可能性があり、他には食事の際に食中毒にでも当たった可能性があります。

例えば生牡蠣を沢山食べたり、火が通っていない魚を食べたなどが考えられます。

特に生牡蠣はノロウイルスにより嘔吐・下痢・発熱を伴う事があり、カツオのたたきを購入して症状が出るケースがあるので食べ過ぎが原因とは言えません。

生牡蠣を食べたという方はノロウイルスに感染している可能性があります。

発熱や嘔吐下痢以外に腹痛などを伴う事があり、2次感染期間が2週間ほど続くのが特徴で、手の接触やくしゃみなどで移ります。

また風邪が原因であれば一週間以内で治るので、治らない場合は注意が必要です。

生牡蠣で発熱を起こしたくない人は加熱調理する事で予防が可能で、食べ過ぎによる下痢や嘔吐を伴う方はしばらく食事を控えると良いでしょう。

基本的には180度以上の熱で1分加熱すると大丈夫です。

スポンサードリンク


食べ過ぎと発熱の対処法


好きなものを食べ過ぎてしまい嘔吐や下痢が出ている方は、コーヒーなどの胃を荒らす飲み物を控えるべきで、飲んでしまうとさらに悪化します。

また嘔吐や下痢の排出と同時に水分も体から抜けてしまいます。

そのため食べ過ぎてしまって体調不良な時は水分をしっかり取る事が大切で、お腹が痛む時はお腹を反時計回りに優しく撫でると痛みを緩和できます。

ちなみに発熱などが出ている時は、脇の下を冷やすと良いでしょう。

脇の下以外に首の周りなどに冷やしたタオルや保冷剤を付けると発熱を下げる事が可能で、肉類を食べると悪化するので避けましょう。

これは食べ過ぎによる嘔吐や下痢を伴っている人にも言えます。

肉類は発熱の温度を上げてしまう作用があるので避けるべきで、消化の負担がとても大きいのため。食べ過ぎの人にも優しくないです。

また発熱を伴っていて、寒気がある人は対処が変わります。

寒気がするという人は厚着の格好をすると体に優しく、普通なら体の熱を下げるのですがこの場合なら逆で体を温める事が大切です。

また食べ過ぎによる嘔吐や下痢も寒気で悪化する事があるので、温めましょう。

スポンサードリンク



食べ過ぎと発熱の治療方法


今からついつい食べ過ぎてしまい嘔吐や下痢が出ている人や発熱を伴っている方に改善方法を紹介するので気になる方は見てください。

べ過ぎと発熱の改善方法

りんごを食べる
生姜湯を飲む
食事は控える
しっかり寝る

以上が食べ過ぎと発熱を改善する方法となります。

リンゴには「ペクチン」と呼ばれる水溶性食物繊維を含んでおり、このペクチンは体内にある水分を吸収して膨張する作用があります。

そのため嘔吐や下痢などの水っぽい状態を調節して食べ過ぎを良くしてくれます。

また解熱作用があるので発熱時にも有効とされており、生姜湯という飲み物も解熱作用があって有効なので生姜をすりおろして作るのが有効です。

生姜小1に熱湯100㏄を混ぜると作れるので、発熱の方は飲むと良いでしょう。

食べ過ぎで下痢や嘔吐を伴っている方は食事を控えるのが良く、お腹が減った時は胃に優しい梅干の入ったお粥などを食べると腸に優しいです。

また発熱などで疲れている方は生姜湯を飲んで寝ると回復が早いです。

食べ過ぎによる嘔吐や下痢が治ったら腸内を調節するためにヨーグルトを食べると良いので、フルーツとして食べると良いでしょう。

以上で食べ過ぎによる下痢や嘔吐と発熱の原因について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ