食べ過ぎで腹痛!嘔吐と便秘の改善方法とは


食べ過ぎたせいか腹痛でお腹がキリキリ痛んだり、嘔吐で気分を悪くしながら便秘になる事があるので、ここでは改善方法を紹介します。

e61b50b2b0243a056b8ac9e4160af227_s


また症状が悪化する習慣をお伝えするので、腹痛がある人は避けてください。

最初に食べ過ぎで嘔吐や便秘などの症状が出る人の詳細について説明して、次に改善法法をお伝えするので気になる方は見てください。

食べ過ぎや腹痛などの症状


お腹がパンパンになるまで食べ過ぎてしまうと腹痛を伴う事があり、それだけでなく嘔吐や便秘になるケースもあるので対処する事が大切です。

元々は食べ物の取りすぎで消化が出来ずに嘔吐や便秘に発展する訳です。

食べ過ぎで腹痛が出るほどの状態ではそれ以上食べてしまうと状態はさらに悪化するため、食事は控えた方が賢明と言えるでしょう。

また便秘や嘔吐などを伴う方は夜に食事を取る方が多いようです。

夜は腸内があまり活発に動いていないため消化の負担がとても大きく、夜に食べ過ぎる人は食べ物を消化しきれずに便秘になる方が多いようです。

それは当然だと言える結果で、四六時中食べるばかりしている人は腸が疲れます。

腸内が疲れると消化器官が正常に動かず消化が間に合わない状態となるため、食べ過ぎの状態となると便秘となり、最終的に嘔吐や腹痛が出ます。

そのため腸内を疲れされない事も大切で、夜食や間食は止めた方が良いです。

また食べ過ぎによる腹痛が起こる時は肉類ばかり食べている事があり、肉類は消化の負担が大きく便秘や嘔吐が出やすいので注意が必要です。

そういう時は野菜を食べるのが良いので、食物繊維を取りましょう。

スポンサードリンク


食べ過ぎや嘔吐の対処法


焼肉を食べ過ぎた時に腹痛を伴う事がありますが、痛みを感じた時はお腹に手を当てて、優しく反時計回りに撫でると痛みを緩和する事が出来ます。

また嘔吐がある時はコーヒーを飲むのは、良くないでしょう。

コーヒーにある「カフェイン」は胃に炎症を起こす事があり、腹痛なども悪化して嘔吐がどんどん酷くなるので食べ過ぎた時は控えましょう。

逆に便秘の時は糞便が出やすいので、お勧めできる点はあります。

また食べ過ぎで嘔吐の症状で悩まされている方は、汚物と共に体の水分も排出されているため、水分不足になりがちなので水を飲みましょう。

水を飲む事は便秘を治す事にも効果があるので、1時間1回飲みましょう。

食べ過ぎで腹痛がある時は冷たい飲み物を控えるべきで、嘔吐にもあまり良い影響を与えないため温かい飲み物を飲むと良いでしょう。

また便秘の時はよく噛んで食べる事が大切です。

食べ過ぎというのは摂取し過ぎという事になりますが、キチンと噛んで食べれば満腹中枢を刺激して、過剰摂取を控えて便秘にもなりにくくなります。

この方法は腹痛や嘔吐にも有効なので、30回程噛むことを意識しましょう。

スポンサードリンク



嘔吐と便秘の改善方法


今から食べ過ぎてしまって嘔吐や便秘に悩まされている方に改善方法を紹介するので、腹痛がある人も是非見てください。

嘔吐や便秘の改善方法

生姜湯を飲む
バナナを食べる
うつ伏せ運動をする
夜食や間食を止める

以上が食べ過ぎによる嘔吐や便秘を改善する方法となります。

腹痛で悩んでいる方は腸内が荒れている可能性が高く、そんな時は生姜湯を飲むのが有効で、生姜小1に熱湯を100㏄入れると作れるのでおすすめします。

生姜は腸内を整えて便秘や嘔吐を改善するので、すりおろした生姜を使いましょう。

またバナナは食物繊維がとても多く含まれているため食べ過ぎに効果的で、嘔吐の症状がある時は熟れた柔らかいバナナが有効とされています。

塾れたバナナがない場合はリンゴを食べると嘔吐の改善に役立ちます。

また便秘が続いて腹痛が出ている方は、うつ伏せになって10分間その状態を維持するのが有効で、1分間に横に2,3回ゴロゴロすると排便が出やすいです。

その他に食べ過ぎ以外の原因である夜食や間食を止めると腹痛は治ります。

嘔吐や便秘になるほど食べてしまう人はしばらく食事を断ち切った方が良いですが、どうしてもお腹が空いた時はお粥を食べると良いでしょう。

以上で食べ過ぎと腹痛について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ