食べ過ぎの腹痛時間と解消法とは


食べ過ぎて腹痛で苦しんでいる方はどれくらいの時間で痛みが治まるか気になる方が多いと思うので、詳細を説明したいと思います。

507703537f00081bbc389bacf4f3de39_s


また解消法を紹介しようと考えているので、治したい方は見てください。

最初に食べ過ぎによる腹痛時間がどれくらいか説明して、次に簡単に出来る解消法について紹介していこうと思います。

食べ過ぎによる腹痛時間


現在食べ過ぎで腹痛が出ている方に痛みが続く時間は個人差がありますが、夕食に食べ物を過剰摂取した人は夜も眠れないほど痛みが続いたようです。

また2~3時間すると消化が進むため、食べ過ぎが解消される事もあります。

しかし、これは食べ過ぎた食材により腹痛が続く時間は変わってくると考えられており、消化に負担が掛かる肉は特に消化が難しいです。

野菜は基本的には2時間程なので問題ありませんが、その他の食材は問題です。

食べ過ぎで腹痛が出る人は消化の負担が大きな肉ばかり食べている可能性があり、肉は消化に7~8時間掛かるとされているので注意が必要です。

また我々がよく摂取するたんぱく質は5時間程かかるとされています。

食べ過ぎで腹痛が出る人はたんぱく質や肉ばかり摂取している事があり、たんぱく質と肉を同時に摂取するとさらに消化に時間が掛かるので覚えておきましょう。

また食べ過ぎ以外に夜食も問題なのでそこは注意する事が大切です。

夜食はただでさえ負担の掛かる食べ物を消化するのに厳しい点があり、昼食や夕食と違い消化の負担が大きいため止めた方が良いでしょう。

出来れば間食も止めると腹痛は収まってきます。

スポンサードリンク


食べ過ぎと腹痛の対処


ついつい食べ過ぎてしまい腹痛でお腹を痛めている方は、お腹に手を当てて
反時計回りに優しく撫でると痛みが治っていくので解消法として有効です。

また食べ過ぎで症状が出ているので、消化の邪魔は良くないです。

そのため腹痛が出てしまっている時は食事を控えるべきで、消化に時間が掛かるものは絶対に摂取を控えて、消化に良い果物を食べると良いでしょう。

しかし、解消法としてはお粥などの胃に優しいものをおすすめします。

また食べ過ぎで腹痛以外で下痢などに悩まれる方がおりますが、そのような方はコーヒーや酒は控えるようにすると良いでしょう。

コーヒーが含むカフェインは胃を荒らす事があるので、注意が必要です。

ただでさえ食べ過ぎで腹痛となっているのに、コーヒーを飲むと悪化させてしまう事があるため、解消法が気になる方はまずは控える事を覚えておきましょう。

ちなみに腹痛が出た時の対処法は横になる事ではないです。

ほとんどの人が食べ過ぎた時の腹痛を和らげるために横になる方が多いですが、逆に痛みが増幅する事があるため、好きな体勢を取りましょう。

自分が痛くなくて楽だなぁーと思う体勢を維持しましょう。

スポンサードリンク



食べ過ぎと腹痛の解消法


食べ過ぎた事を悔やんでも腹痛は治らないので、今から解消法を簡単に紹介していくので、早めに治したい方は見てください。

食べ過ぎや腹痛の解消法

生姜湯を飲む
一口最低20回は噛む
バナナを食べる
水分を小まめに摂取する

以上が食べ過ぎや腹痛に有効な解消法となります。

生姜は胃の中の荒れを治すと共に胃の活動を活発にさせる効果があり、生姜湯はすりおろした生姜小1に熱湯100㏄ほどを混ぜると簡単に作れます。

しかし、不味いという方もいるのでそんな人はハチミツを入れると良いです。

食べ過ぎによる腹痛の解消法はよく噛んで食べる事が大切で、噛んで食べる事は満腹中枢を刺激して食欲を満たして食べ過ぎを防ぐ利点があります。

最低20回噛むのが良く、固い物を食べると噛む回数が自然と上がるので有効です。

また解消法としてバナナを食べるのが有効で、腹痛が治った後に摂取するのが効果的であり、バナナはペクチンという食物繊維で腸内を綺麗にします。

食べ過ぎで腹痛を伴っている方は、水分補給も大切です。

水分補給は基礎代謝を上げる事にも効果があり、1時間に1回頻度で水を飲んでいくと次第に状態が良くなっていくので解消法としておすすめです。

以上で食べ過ぎによる腹痛と解消法について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ