食べ過ぎで腹痛と下痢!吐き気の原因と改善方法とは


身近にあるお菓子などをつい食べ過ぎてしまい腹痛が出る事がありますが、その他に下痢や吐き気などで気分が悪くなることがあるので原因を詳しく説明します。

また腹痛や下痢などの治療に役立つ情報を紹介したいと思います。

最初に食べ過ぎで吐き気などが出る原因について詳しく説明していき、次に現れた症状を改善する方法をお伝えしたいと思います。

食べ過ぎと腹痛の原因


食事を食べ過ぎてしまった時にはそれを消化するための胃液が過剰分泌され、そのせいか胃の粘膜が荒れて腹痛を伴う事があります。

ちなみに胃液が逆流する事もあり、そのせいで吐き気を伴う原因にもなります。

また食べ過ぎで腹痛を伴っている方以外に下痢になる方がいますが、これでは消化器官の消化が間に合わずに下痢の原因になってしまいます。

この場合は食べ物で胃が冷えたり、油を過剰摂取すると下痢になりやすいです。

また食べ過ぎで腹痛や下痢になる人の原因は他にもあり、それは胃を休ませない食事摂取方法が原因と考えられており、休ませないと胃が疲れます。

すると消化器官が元気を無くして疲労するため、消化不良になる事があります。

特に昔から健康に悪いと言われる夜食はかなり消化に負担が掛かるため、吐き気などの原因になる事があり、予防には夜食や間食を止めると良いでしょう。

また食べ過ぎで下痢や腹痛になっている人は肉やパンを避けましょう。

肉やパンは消化の負担が大きいので原因になりやすく、肉を食べる人はお魚にするのが有効で、パンを食べる人はご飯にすると吐き気の予防となります。

このように食べ過ぎの腹痛や下痢には様々な原因があります。

スポンサードリンク


腹痛や下痢の対処方法


忘年会などで食べ過ぎてしまい下痢や吐き気となる原因を作ってしまっ太人は、まず食事をしばらく控える事が大切で、これをすると腹痛が早く治ります。

また下痢や吐き気を悪化させるお茶やコーヒーも控えましょう。

お茶やコーヒーには「カフェイン」という胃の中を炎症させたり、胃液を荒らしたりするので、下痢や吐き気を悪化させてしまう原因となります。

その他にお酒などでも腹痛が酷くなることがあるので注意しましょう。

食べ過ぎによる下痢や吐き気が続いている時は水分不足になる傾向が高く、それは排出する汚物と同時に水分が抜けてしまうからです。

そのため水分を小まめに飲む事で水分不足を防ぐ事が大切です。

食べ過ぎで腹痛が出てきた時の痛みの緩和方法は、お腹を反時計回りに撫でる事に効果があり、これをするとお腹の痛みが治っていくとされています。

その他には楽な姿勢を保って、自然と治る事を待つ事が重要です。

食べ過ぎで下痢や嘔吐に悩まされている方は、食欲がなくなる方が多いですが、そんな中食欲がある人もいるので、そういう人はお粥を食べましょう。

特に胃に優しい食事を取ると腹痛を悪化させるケースは少ないでしょう。

スポンサードリンク



食べ過ぎの症状を治す方法


嘔吐や下痢などの原因が分かったので、食べ過ぎによる腹痛などを治す方法を今から紹介していきたいと思います。

食べ過ぎの症状の改善方法

ヨーグルトを食べる
噛む回数を増やす
バナナを食べる
冷えた飲み物は控える

以上が食べ過ぎによる嘔吐や下痢を治す方法となります

ヨーグルトを食べると腸内を綺麗にして腹痛を治す事があり、食欲がない時は控えた方がよく、もし症状が治ったら次に納豆を食べましょう。

納豆は傷付いた腸内を回復させて腹痛を治してくれるでしょう。

また嘔吐や下痢になった時は胃を冷やす飲み物を控えて、バナナを食べるのもおすすめで、塾れたバナナを食べるとペクチンという食物繊維で改善に役立ちます。

ペクチンは体内の水分を吸い取り、嘔吐や下痢の調節をしてくれます。

また食べ過ぎを防ぐために最も有効な方法は噛む回数を増やす事で、噛む回数を増やすと食べ過ぎを防げるだけでなく消化が助かるため、腹痛の予防となります。

以上が嘔吐下痢と腹痛の原因となります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ