狭心症の症状は年齢が20代でも現れる!?予防方法とは


最近の人は年齢が若いのに狭心症などの生活習慣病を発症している人がいるため、ここでは予防方法を紹介したいと思います。


f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s

また20代の方も発症する事があるので、油断しないようにしましょう。

最初に狭心症の症状が出る人の年齢の統計を紹介して、次に予防に有効な方法を挙げていくので、気になる方は見てください。


狭心症と年齢の関係


狭心症などの病気は40代の年齢により、発症されると昔は言われていましたが、ここ最近では患者が増えるどころか、10代や20代にも発症者が出ています。

また30代の年齢でも既に予備軍になるので、注意が必要です。

狭心症の症状は胸の痛みが特徴的で、2~30分以上続くと言われており、締め付ける感じや抑えられる痛みを伴うとされています。

30分以上続く場合は急いで救急車を呼ぶ事にしましょう。

それ以外に背中の痛み、咳、呼吸困難、動悸、冷や汗、胃痛、めまいなどの症状が現れるので、これらが出たら狭心症と疑いましょう。

狭心症の症状は血流が悪い高血圧の方や肥満の方に多く見られます。

元々は心臓に栄養と酸素を送る役割を持っている冠動脈で、血液がドロドロになって循環する事が出来なくなり、発症する病気です。

また年齢では40代の男性や更年期の方は狭心症の発症者が増えています。

20代の方も発症者は稀に見られており、女性は更年期になるとエストロゲンと呼ばれる成分が減少して、動脈硬化やコレステロールの減少効果が減ります。

そのため更年期の女性は狭心症の症状が出やすくなります。

また狭心症の発症者は年齢を重ねるに連れて男女差は無くなり、女性はエストロゲンがあるため、男性よりも発症者が少ないとされています。


スポンサードリンク


狭心症の原因


なぜ年齢が20代の方にも狭心症が発症するのか、その原因は生活習慣が関わっており、最近はファーストフードがとても普及されてきています。

そのため塩分を多く摂取して肥満や高血圧となり、狭心症の症状が出ます。

また運動不足の方や睡眠時間が短い事も原因となっており、20代の年齢の方はスマホやパソコンを遅い時間までしているため、発症者が増えています。

最近の小さなお子さんは外に出て、遊ばないため狭心症になりやすいです。

またお酒の飲み過ぎやストレスも原因となり、ストレスは全身の毛細血管を収縮させるせいで、全身の血流を悪くして、血圧を上げてしまいます。

そのためストレスの改善も考えて動かないと狭心症の症状が出てしまいます。

特に人間関係によるストレス要因は多いため、もし嫌いな人がいる場合、近づくのではなく避けるように生活すると良いでしょう。

また睡眠時間は年齢が若い20代の方でも7時間は取るようにしましょう。

狭心症の症状が出る人はコレステロールの摂取量が多いので、摂取量を減らした方が良いです。


スポンサードリンク



狭心症の予防方法


今から狭心症を予防する方法を紹介するので、生活習慣が乱れている20代の年齢の方にもおすすめなので、是非やりましょう。

狭心症を予防する方法

バナナを食べる
お酒は週2回にする
ウォーキングを20分する

以上が狭心症を予防する効果がある方法です。

バナナにもカリウムは含まれていますが、こちらはセロトニンという成分を脳内に生み出して、ストレスを解消して幸せにする効能があります。

肌が荒れている人や便秘の方におすすめ出来る食べ物です。

狭心症の症状が出ている人はお酒を多く飲みますが、それは好ましい事ではなく、肝臓に大きな負担を掛けるため、飲む前にトマトジュースを飲みましょう。

トマトジュースは肝臓の負担を減らす作用があるので、有効です。

またウォーキングは食後にやると狭心症の症状を予防する効果が高く、早歩きでやるとさらに良いので、暇な方はやることをおすすめします。

以上で狭心症の年齢と20代について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ