塩分排出のカリウムと食品の一覧とは


ファーストフードを最近の方は多く食べますが、そのせいか塩分を過剰に摂取してしまうため、カリウムを含む食品で排出する事が大切です。

a7a20e89cea5c26713897b5f818dbd5d_s


ここでは有効な食べ物を紹介していこうと思います。

最初に塩分排出に効果的なカリウムを含む食品について説明して、次に避けるべき食べ物や効果的な飲み物について解説します。


塩分排出のカリウムとは


カリウムはミネラルの一つで、この成分は体内にある塩分を利尿作用で排出する作用があり、食品や飲み物で摂取する事が出来ます。

また女性に多いむくみを改善する効果があるとされています。

塩分を摂取した人は濃度を薄くするため、水分を多く取り体に蓄積する傾向があるので、むくみを治すには塩分排出が大切となってきます。

今からカリウムを含む食品を上げていくので、気になる方は見てください。

カリウムを含む食品

かつお、桜エビ、めざし、ハモ、スルメ
ニラ、小松菜、ほうれん草、モロヘイヤ
昆布、青のり、岩のり、焼のり、わかめ
納豆、豆腐、枝豆、ゴマ、栗
落花生、アーモンド、ピスタチオ、カシューナッツ
バナナ、アボガド、トマト、キウイ、メロン

以上がカリウムを含む食品となります。

アーモンドなどのナッツ類は塩分排出に有効なのですが、塩で加工している商品もあるので、それは避けるようにしましょう。

また高カロリーなので、1日に片手で掴めるぐらいの量を食べると良いです。

少し変わった例を説明すると味噌汁も塩分排出に有効で、味噌汁は一緒に摂取した食品に含む塩分を30~50%減少させる作用があります。

しかし、味噌汁も塩分を含んでいるので、飲み過ぎは避けましょう。


スポンサードリンク


カリウムを含む飲み物


塩分を排出をするにはカリウムを含む食品が有効ですが、飲み物でもトマトジュースが効果的なので、トマトジュースを飲むのが良いです。

この飲み物は高血圧を防ぎ便秘を改善してくれる作用があります。

トマトジュースでカリウムを摂取するのが嫌な人は、ゴーヤ茶、ジンジャーティー、抹茶、野菜ジュースなども効果的なので、おすすめします。

また栄養不足の人は野菜ジュースが良いので、日頃から飲みましょう。

ちなみに緑茶などには脂肪燃焼効果があるので、メタボリックシンドロームの方はこれを飲んで、ウォーキングをすると痩せる効率がとても良いです。

また血圧を下げる事が出来るので、カリウムだけが良いわけではありません。

またジンジャーティーは免疫力を上げて病気を防ぐ作用があるので、塩分を取り過ぎて元気が無い時はこれを飲むと良いでしょう。

1日の塩分摂取量は6gが好ましいので、これを守りましょう。

ちなみに梅干が体に良いから毎日食べるという方がいますが、梅干一つの塩分含有量は3gとされているので、2個の時点で既に満たしています。

日本人は排出に力を入れるべきなので、極力控えるようにしましょう。


スポンサードリンク



塩分を多く含む食品


カリウムを含む食品を摂取して塩分排出をしても、体内に取り込む量が多ければ意味がないので、今から紹介する食べ物を避けてください。

塩分を多く含む食べ物

ハム、ベーコン、明太子、たらこ
はんぺん、かまぼこ、ちくわ、油揚げ
うどん、お餅、パン、ファーストフード
インスタント麺、ドレッシング、マヨネーズ

以上が塩分を多く含んでいる食品となります。

ハムやベーコンなどの加工された感じの肉類は、基本的に塩分を多く含んでいるため避けるべきで、明太子やたらこも多いので、注意しましょう。

またイカの塩辛も含有量が多いので、避けるようにしましょう。

一見はんぺんなどは塩分を含んでいないように見えますが、あれは魚をすりつぶして塩と混ぜて作っているため、どうしても含んでしまいます。

その他に食パンなどの身近な食品にも注意が必要です。

最近は中華料理店なんかが繁盛していますが、中華料理の塩分含有量は全体的に多く、体に良くないので頻繁に食べに行くのは良くありません。

またラーメンの汁も含有量が多いので、全て飲むのは避けましょう。

以上でカリウムを含む食品について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ