塩分排出に役立つ食材はカリウムを含むもの!?


血圧が高いと自分の体が心配になると思うので、塩分排出をして血圧を下げる事でその心配と体の負担を解決する事が出来ます。

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s


ここでは手軽に食べれる役に立つ食材を紹介します。

最初に塩分排出に役立つ食材を紹介していき、解消された時の体の変化について解説していこうと思います。


塩分排出に役立つ食材


カリウムを食材が塩分排出に役立つのですが、カリウムという成分は利尿作用を促して、体の外に追い出してくれる作用があります。

今から塩分排出に役立つ食事一覧を紹介したいと思います。

塩分排出に役立つ食材

あゆ、鯛、アジ、イカ、するめ
ひじき、わかめ、岩のり、焼のり
里芋、長芋、じゃがいも、さつまいも
人参、にんにく、玉ねぎ、豆腐、納豆
アーモンド、カシューナッツ、くるみ
バナナ、アボガド・柿、トマト、梨

以上が塩分排出に役立つ食材となっています。

この中でも豆腐や納豆は手軽に摂取出来て良いのですが、醤油を調味料として掛けて食べる事が多いので、なるべく醤油の量を減らした方が良いでしょう。

また中華料理などの塩分が多い食べ物とは味噌汁と摂取しましょう。

味噌汁は一緒に摂取した食べ物の塩分を30~50%排出する事が出来るのですが、味噌汁1杯には1.5gの塩が含まれています。

1日に6gが目安の摂取量とされているので、4杯までにしましょう。

味噌汁に玉ねぎや人参を入れて食べると排出効果が高く、バナナは手軽に摂取する事が出来て、役立つ食材なので、日頃から買っておきましょう。


スポンサードリンク


塩分が減った時の変化


排出に役立つ食材で体内の塩分を減少すれば、むくみを改善出来るとされているので、むくみで悩んでいる女性におすすめします。

元々人間は体に塩気が溜まると体内に水を増やして、濃度を薄くします。

その状態になるとむくみが出来る原因となり、この状態だと基礎代謝が落ちて肥満になりやすいので、高血圧にどんどん近づいていきます。

排出に役立つ食材を摂取すると体内にある水分を取り除けます。

すると体重を減らす事に成功して、脂肪を燃焼しやすい体を作る事が出来るため、これから痩せていきたい人にお勧めできます。

特に牛乳はカルシウムで脂肪の付着を防止するため有効です。

牛乳にもカリウムは含まれていて、その他にトマトジュースや抹茶などがあるので、これらを日頃から購入して保存しておきましょう。

また塩分排出に役立つ食材を摂取する時に注意が必要です。

カリウムは調理する際に加熱しても壊れる事はないのですが、水には溶ける性質なので、煮物にするのはあまり好ましいとは言えません。

そのため、炒めたり揚げたりして塩分排出に役立つ食材を摂取しましょう。


スポンサードリンク



塩分を多く含む食材


日頃から我々はおかずがなければ、スーパーに買いに行って購入したものを食べますが、塩分を多く含む食材があるので、紹介します。

塩分が多い食材

ハム、ベーコン、ボンレツハム、たらこ、明太子
牛丼、カツ丼、天丼、カレーライス、ラーメン
たくあん、梅干、漬物、ちくわ、つみれ、油揚げ
インスタント麺、ファーストフード、ハンバーガー

以上が塩分を多く含む食材となっています。

飲食店に行った時におまけ感覚で付いてくる、漬物類は塩分を多く含んでいるので控えるべきで、サラダもドレッシングで結局あまり体に良くないです。

これじゃ排出に役立つ食材を摂取しても意味がないので、控えましょう。

また練り物類をおかずとして購入する主婦の方は注意するべきで、練り物類は魚以外に塩を入れて作っているので、こちらも良くありません。

特にさつま揚げは含有量が多いので注意しましょう。

最近はハンバーガーのチェーン店が多いですが、あれは塩分量が多いので避けるべきで、食べたい時でも週1回ぐらいにしましょう。

以上で塩分排出に役立つ食材について終わります。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ